身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2017年08月09日

ここを読んで理解すれば。90が切れてシングルにも三年で成れる!^^)。

『読んで頭に入れるだけで上手くなる』

ゴルフの心得を理解すれば上達が早い!

ゴルフを早く上達するには、90台をきるには、シングルになるには、
上達の秘訣とは、ゴルフの基本とは、ビギナーを脱出する対策とは、
この頁は、今まで解説してきた内容の総まとめを公開しております。


『ゴルフの脳を替えろ』

ゴルフの脳を替えろと言うことは、ゴルフに対する考え方や
取り組み方練習方法を変えろということです。思い違いを正そう!。
あまりにも思い違いをしたまま練習をしている人が多すぎます。
悪いところ間違っているところその原因に早く気付いてください。


『ゴルフの基本を知れ』

ゴルフの基本と理論は有って無いようなものです。個々それぞれに
合った基本と理論があるのです。ゴルファーの数だけ理論があると
言われる所以です。数ある著書はどれもこれも間違いではないが、
言っている事がまちまちで考え方思い違いを招くおそれがあります。


『ではゴルフの基本とは何ぞや』

グリップ(握りかた)  ・セットアップ(アドレスの構えかた)
スイング(振りかた)  ・スイング(テンポとかリズムの早さ)


以上です。えぇっ???と思うかも知れませんがこれだけです。

そして、大事な事は上の全てがあなたに正しく合っている事が重要です。
グリップがおろそか、アドレスがメチャクチャ、スイングが力任せ、
スイングリズムが早すぎたりまちまちではダメだという事です。

何度も言いますが、個々にはそれぞれの考え方があって取り組んで
いることは確かだが、思い違いをしたままヘタを固めるような無駄な
練習をしている人があまりにも多過ぎます。正しいグリップにする、
正しい構え方にする、正しいスイングにする、発想を変えるだけです。


『誰でも80台は出せるように成る』

ゴルフは難しいと捉え過ぎて頭でっかちになっていませんか?、もっと
シンプルな考え方に替えましょう。ゴルフは考え方思いようなんです。

まず、ご承知でしょうけど、この当たり前の頭にしっかり入れて下さい。
ゴルフはティーショットセカンドショットアプローチパッティング
この4つが上手く行けばパープレーが出来ます。後はトラブルショットで
ミスショットとトラブルばかりではビギナーを脱出できませんね。
トラブルショットは応用編で、こればかりは経験値がものを言います。

ゴルフは思うように行かないから難しい奥深いとよく言われますが、
思うように行く事もあるから面白い楽しい止められない醍醐味がある。


『誰でも3年でシングルに成れる』

プロに成るには素質と努力、一流プレーヤーに成るには天才と素質と努力と強運、
超名手に成るには前途+ゴルフの神様が乗移った者と言える。
どんな状況下でも無我無心で己を信じ自信を失わずゴルフが出来る人である。
その裏付けはゴルフの考え方練習の取り組み方が秀出ているからである。
シングルに成るには考え方と練習方法とラウンドの数と経験です。

ここでもよく使っている正しい何々とはどういうことか考え直してみて
下さい。真逆の発想をして下さい。悪いまま間違ったままではイカンと
言う事です。正しいグリップ、正しいアドレス、正しいスイングとは
ゴルフ雑誌や教本、DVDを正しい眼で読んでそしてよく見てください。

ご自分の悪いところ、間違っているところ、カン違いなど々気付かない
解らないままでは、どのようなゴルフ理論もどんなインストラクターに
教わっても早く上達することは望めません。


『では早く上達する秘訣とは』

具体的に何なのか?を、早く教えてくれ〜と思っていると思いますが、
上記したこと全てが秘訣です。「なんだ詐欺みたい」と思わないで下さい。
早く上達すには練習の取り組み方、ゴルフ全般に言える考え方を替える
ことが一番大切な事なのです。
巷に氾濫しているスイング理論の教材は不要なのです。
ゴルフの番組を見たりゴルフの本を読んだときに、ご自分の眼と脳で
確かな情報を捉え、正しい事を真似る取り入れる感性が必要なのです。

※ 己のゴルフはどうなのかを見極めずして上達はあり得ないのです。

くどいようですがゴルフを早く上手くなるには今までの思い込みをリセットし、ゴルフ本来の基本を見つめ直して、むやみやたらに飛ばそうとするのではなく、基本的なことをできるように練習してほしいのです。早く上達する講座を読み、成る程と理解して頂けたでしょうか…!!!^^)。

【おまけのワンポイント】 力を入れるなはウソです。
力を入れずにそっと上げて、カラダの正面でエイッと力を入れ直ぐに力を抜く、簡単でしょ!^^)。
ちゃーしゅーめーん で、いいますと、「チャー」でかまえて、「しゅー」で静かに上げて、「め」で思いっきり両腕に力を入れてボールをとらえ、直後に力を抜きます。その瞬間にヘッドが走り両腕が引っ張られて伸びます。「ーん」はヘッドの遠心力に任せてフィニッシュへ・・・。
  

posted by Teraken at 21:00| Comment(0) | ゴルフが早く上達する講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

TERAKENが手作りした。スイングウエイト!^^)。

 
 てらけんのレザークラフト「本革で何でも作ろうぜっ!」

  『素振り用スイングウエイト!!!』20ヤードは飛距離アップ!!!。

 ウッドやアイアンのシャフト先端に装着してスイングするだけで簡単にトレーニングできます。重みを利用し余分な力が入らなくなるので理想的なスイングに仕上がります。スイング矯正や飛距離を伸ばす。筋力アップ、ラウンド前の準備運動にも最適です!。市販されているものもいろいろあるのですが重過ぎると思うんです。これは装着もホックで簡単、重さも理想的!。ウエイトに使用している細い鉛を包み込んで本革を巻いて仕上げてあります。

 2017-07-13 09.31.01.jpg 2017-07-13 09.31.54.jpg 2017-07-13 09.34.08.jpg 

 腕の力を抜いて重さに任せて、ブランコをイメージして、ブランブランと左右の往復運動を5回ほどしてから、体幹(腰)で遠心力を出し切るようにビュンビュンとフルショットの素振りを5回ほどして、ウエイトを外してスイングして見てください!。ビックリするくらいのヘッドスピードが出ていることを体感することでしょう!!!\(^o^)/。

 2017-07-05 07.55.05.jpg 2017-07-05 07.53.54.jpg 2017-07-05 07.56.33.jpg





posted by Teraken at 13:05| Comment(0) | ボールを飛ばすコツ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

理想のインパクトは胸の正面でとらえよ!!!\(^o^)/。

本当なのか?、インパクトはアドレスの再現!。

2014y09m30d_090741426.jpg 18175249_1323935227690137_1951899340_o.jpg

 左の写真は動画を一時停止して撮ったインパクトの瞬間です。インパクトはアドレスの再現!、胸の正面でボールをとらえるフルスイングの途中の形が出来ていますね!、下半身リードですから、とうぜん、腰、膝、足はグイッとパワー移動をしています。右膝を押し込み腰を切って左の足の裏(土踏まず)で受け止めてしっかりカベを作ります。
 
 肩を回して腕を振るスイングもありますが、プロはトップから肩がアドレスにもどった瞬間の移動で腰も切れて、クラブを持っている手(グリップ)は飛球線方向に振りぬけていなければいけません、右肩を残してインパクトをするという理論になります。これを理解してできるようになれば、右肩の位置とグリップの位置がいちばん遠く離れて両腕が引っ張られている形ができて、フォローの大きい良いスイングになります^^)。

 右の写真はフォロースルーで両腕の三角形が右肩が良い位置でより遠くへ引っ張られている理想の形です。
上体に力が入って腕力で飛ばそうとする人は。左肩が早く開き(早めに後ろに回る)右肩はボールの位置まで来ている(かぶってしまい)左ひじを曲げて引くようにして振っています。それだと真っ直ぐ飛ばせるようになっても、本来のゴルフボールが飛んで行く伸びのいい球筋にはなりません。

 右肩を写真位置に止めといてなんて考えていたんでは。勢いよくヘッドを走らせることはできません、トップから切り返して、ねじったおなかを下半身のパワーでもどした瞬間に振れているその結果を再生してみるとインパクトで肩はボールの後ろにあって、前に出たりかぶったりしていないということなんです。右肩を写真の位置に残そうとして打っているプロはいません、、。

 インパクトした瞬間のフォローですが、右肩はボールの後ろ右足寄りの上に残っていて、両腕の三角形が伸びています。これは、上体の背中や二の腕に力を入れずに、ブランブラーンとした腕で鉄棒に指をひっかけてぶら下がった時に、体の重さに任せて伸びている腕と同じで筋肉はひっぱられています。
力を入れないとはこういうことかと!、これがわかれば楽に飛ばせるようになります。両腕の三角形はわざと伸ばしたり、突っぱったりしているのではありません、ヘッドの遠心力と引き合っているのです。!!!^^)。

 アドレスをした時に、ボールの右側で飛ばすイメージですか、左側のフォロースルーで飛ばそうと考えますか、ようするにグリップエンドをどう動かしているかということです。答えは、ボールの手前、右側で飛ばそうとして結果的にヘッドスピードはインパクトに向かって最大になりフォーローで走る感じになります。ヒッティングポイントはボールの上である。グリップエンドは左に向いて(飛球線方向)右に向く(飛球線の逆)動きを早くする。これが飛ばす秘訣です。



posted by Teraken at 16:28| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

スイングは大きな筋肉に正しい動きを覚え込ます!(^-^)/。

「古希のスイング」

 50歳から70歳の20年間に練習場で打った球数は200発にも満たないだろう。どうしているかというと、三日に二日ぐらいの割合で5分ほどの素振りを続けている。スイングのチェックをして、ビュンビュンとヘッドが振れていたらそれで止める。
 ぼくはカラダが硬くてバックスイングでは顔を右に動かさないと深い捻転ができません、ジャック・ニクラスのチンバックと同じで、アドレスした時の背骨の傾きをキープして、体幹に捻転パワーを作るためにバックスイングで回転すると顔が右に動くのは自然なのです。そこで、大事なのは、力が入って上体が突っ込まないように頭を残して振ることです^^)。








posted by Teraken at 10:57| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

リストワークを体得する練習法!!!(^-^)/。


「リストワークの手を返すとは」

 ボールを遠くへ飛ばすためには。
当てるだけとか救い打ち、ヘッドの面を保ったまま真っ直ぐに振ろうとするスイングでは飛ばせません、そこで重要なのがリストワークです。
胸の前で-、胸の高さで両腕を軽くのばして右肩の近く-から左肩の近くまで地面と水平に半円を描く-つもりでグリップを動かし、ヘッドを軽く振ってみてください。その時に両-肩は多少動くのが自然ですが大きく動かして振るのはダメです。
目の前で右手-が上になって左手がひっくり返らないと左右-には振れないので、腕と手が交差してひっくり返ります。下にあるボールを打つ時もその往復運動のままなの-です。胸の高さで振る時にひっくり返るほど-顕著な手の動きではありませんが、なめらかな動きそのものでヘッドの面が返っていくのは同じです。リストタ-ーンとはそういうことです。この教え方で。-目からウロコが落ちて開眼した生徒が居りま-した。

posted by Teraken at 10:31| Comment(0) | ゴルフが早く上達する講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

理想的なフォロースルーとは???!!!(^-^)/。


『リストターンが正しく出来ればこうなる!』

ここまで、ひだり肘を曲げたり逃がしたりしないで腕が伸びたまま、

右手が上になるように振りましょう。もちろん顔を左に動かさないように、

遠心力と喧嘩させます。両腕と胸でできる三角形もアドレスの時のままで、

右手が追い越して上になっているだけです。こねるのとは違います!(^ω^)。


2016y07m27d_141723578.jpg




posted by Teraken at 16:07| Comment(0) | ゴルフが早く上達する講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

正しいグリップとは!、フィンガーグリップ


「リストワークがしやすいグリップ」

「パームグリップ」ようするに手のひら側でグリップが斜めに来るように握ると、
手首の動きが制限され、柔らかいシャープなリストの動きが出来ません、、、。

guripu1.jpg

人差し指は第二関節と第三関節を曲げて、他の指は付け根と第一関節で、ほとんど、
指のつけに沿って握って下さい。これで、リストワークがやり易くなります、(^_^)。

guripu3.jpg guripu4.jpg guripu5.jpg guripu6.jpg




posted by Teraken at 14:27| Comment(0) | ゴルフが早く上達する講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

スイング軌道をインサイドアウトにするには、、、^^)。


『ドライバーの場合のイラストです』

青いラインは飛球線です。足は肩幅が入るぐらいで、オーソドックスに飛球線と
並行にしました。頭の位置はとうぜんボールの後ろ右側で、後ろに書いた白い
線程度に傾いても構いません、頭が動いて赤の×印の位置に動いたらダメです。
それで、赤い線がドライバーヘッドが通るインサイドの軌道です。
ここで、大事なのは目線はヘッドが通り過ぎるまで、赤いラインに合わせて少し
斜めのままにしてヘッドが通るのを見て頭も目線も動かさないで打ち抜きます。

ゴルフイラスト.jpg

赤いラインに沿ってヘッドが通るといやでも外の方へ振る感じになりますので、
そのままでは、右に飛ぶような気がしますので、クラブをかぶせて(返して)
つかまえようとします。頭がボールの後ろに残った上体で振りますから、
両腕の三角形もできて、左腕もピンとなります。ボールの音がしたら顔は動いて
も構いません、むしろ球を追って動いたほうが腰や筋肉を傷めなくていいです。




posted by Teraken at 18:00| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

この形が出来ていたら、あなたはゴルフの達人です。


「この飛ばした瞬間を真似ろ」

飛ばした瞬間のプロの両腕の位置とグリップを握っている両手、
お尻、太もも、足の形、ハンマー投げのような背中の形、
両腕が遠心力で伸びていますね、伸ばしているのではありません、
ヘッドを降った結果がこの飛ばすためのスイングの形です。

写真に写っているヘッドは、ほとんど90°近くまでヘッドが
ローリングターンによって、返って(閉じて)いますね、、、(^_^)。
ボールをまっすぐ飛ばそうとして、ヘッドの面を返さないまま振る
のは間違いであることがおわかりになると思います!!!(´∀`)。
ボールをつかまえに行くヘッドの動きとはどういうことか、、、(^-^)/。

impact2 (2).jpg

impact2.jpg

impact3.jpg

impact4.jpg

impact6.jpg

impact7 (2).jpg

最後の写真はアイアンショットなので、ボールの位置が近い分、
振り抜いた両腕、グリップの位置も体に近いのは当然です。

impact1.jpg




posted by Teraken at 11:53| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

ラケットの面とクラブの面と同じです。

グリップしている手の動きを参考にして下さい。

これがヘッドを返す。ローリングターンです。

シャフトの上がる角度(スイングブレーン)とフェース面の角度は同じ、

CIMG0933.JPG

インパクトでは、とうぜん、スクエアに戻します。

CIMG0934.JPG

フォロースルーのグリップの位置と返された面の角度、右手が左手を追い越している。

ここが重要でラケットの位置とグリップエンドの向いている方向とフェース面の角度、

実際には腰がもう少し切れて、下半身リードの動きでお尻がもっと見えています。

CIMG0935.JPG

左腕は脇をしめるようにして伸びてクラブの回転を支える軸となっています。

CIMG0936.JPG

肘が逃げることなく曲がることなく伸びたまま腕はローリングしています。

CIMG0940.JPG

フェースは完ぺきに返り、両腕が交差するようにフィニッシュへ、、

CIMG0939.JPG

ヘッドアップをしてクラブが下りてすくい打ちになっています。

CIMG0944.JPG

手だけで上から叩こうとして、両腕がつまっています。

CIMG0943.JPG

フェースを返さずにまっすぐ飛ばそうとして、肘が曲がって浮いています。

CIMG0942.JPG

右手の返しが強すぎて、早すぎて、ボールは左に飛んでしまいます。

CIMG0941.JPG

上体が突っ込んで打ちに行ったために、肘が逃げてはらい打ちになっています。

CIMG0938.JPG

アプローチで返さない打ち方、打った時に右手が下になったままです。

CIMG0937.JPG












posted by Teraken at 17:05| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする