身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2011年02月28日

これも、ゴルフの話でよく出てきますね!

本日はこんなお話から!!

あんなにすばらしい球筋のボールを打ててたのにどうして???
三日前に、これで開眼した!もう完璧だと思っていたのに???

6年だろうが10年だろうが、いちど乗れるようになると自転車てのは
漕ぎ方を忘れないもんなのに、、、ゴルフはきのう出来たことが、
翌日には出来なくなっている。どーしてなのさ、、きっ!!!<`ヘ´>

ゴルフがなかなか思うように行かないことを、自転車に乗れるコツに例えた
話をよく聞いたり、言ったりすることがあるが、誰もそれはなぜなのかを追求し
真面目に答えないで、当然だよゴルフはそれだけ難しいんだよと事も無げに言う。

ゴルフは難しいからと

片付けられたんじゃ黙っていられない!!。…で、真面目な解答をどうぞ!!
自転車に乗ってバランスを取ってこぐのは人であるが、ペダルから先は
機械的であり、自転車に乗り前に進むと言う物理的な現象はタイヤが回るから、
機械が回転を繰り返すから故障しない限りは自転車に乗ることは容易である。

いっぽう、ゴルフは複雑な関節やそれぞれの動きを伴う筋肉の人間のカラダが回る
その勢いで腕も振れヘッドスピードと重力の物理現象でボールを飛ばす。
機械ではない人間の動きは毎回バラバラで同じ安定した動きを繰り返すことが
困難である、だから難しいのだ。(機械のような素振りを繰り返すことも重要)
であるならば、飛ばすと言う物理現象を正確に安定させるには、スイングを機械化
すればいいのである。その打ち方の練習が安定した球筋を可能にしてくれるのだ。

ゴルフ場で本番のプレー中では続けざまにボールを打つことは皆無であるからして、
片山晋吾プロのルーティンをご覧になって感じるように、自分を機械化し同じ動作を
するように、一球一球打つ練習をする事が大切なのである。

「あなたも今日からロボットマシーンになれ」 以上です。ヨロシク

タグ:ゴルフの話
posted by Teraken at 18:42| Comment(0) | ゴルフ コラムニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

近代ゴルフの主流はストロンググリップです!!

ストロンググリップを理解しよう!

世界の一流と言われるトッププロは、ストロンググリップをしています。
別名フックグリップとも呼ばれていますからボールがつかまり易いのです。

今や、ストロンググリップはツアーで活躍中の選手の主流をしめています。
フレッド・カプルス、ベルンハルト・ランガーなど極端なストロンもいます。
タイガー・ウッズも極端では無いですが、ストロンググリップをしています。

ストロンググリップのメリットとは、ゴルフスイングのスピード、パワーを
シンプルなスイングでボールに効率的に伝えやすいということです。
ストロンググリップにすると、自然とインサイドインの軌道になりやすいので、
バックスイングをアウトに上げるというクセを直すことが出来ます。

反対にデメリットはスイングがあまりにもフラットな、野球スイングのような、
横振りになってしまうと、球は上がらず極端なフックボールがでてしまいます。
ボールから離れれば離れるほど、手だけでクラブを操作せざるを得ないのです。
小手先のスイングになってしまい、方向性、飛距離ともバラツキがでてしまいます。

これを解消するには、
ボールから離れ過ぎないようなアドレスで、スイングが少しアップライトに
なるようにボールにできるだけ近くに立つようにします。
スイングが少しアップライトになると、振り子運動が解かりやすく、ウッドでも
アイアンでも地球の重力を利用してヘッドを速く走らせることができます。

ボールの離れ過ぎをチェックして、理想的なアドレスでボールを打ってみましょう。
身体とグリップが一体となったボディーターンスイングにはストロンググリップです。
グリップとスタンス=持ち方と構え方が基本です。常にチェックをしましょう。


posted by Teraken at 08:15| Comment(0) | ゴルフが早く上達する講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

懐かしいワーストスコア、小金井にて

koganei.JPG砂質が重いアリソンバンカー

昭和60年10月23日 於 小金井CC      

西山ゴルフメンバーズクラブ 第2回全国大会

OUT  5 4 3 4 5 4 3 4 4 = 36
_________________________________

    6 5 6 4 5 5 3 6 4 =44

----------------------------------------

IN  4 4 3 4 4 5 4 3 5 = 36
________________________________

   7 4 6 4 4 5 5 4 7 =46

TOTAL 90のスコア よって参加賞のみとなった。

ドライバーは悪くは無かった、パッティングもまぁまぁだった、
大叩きのホールはフェアウエイバンカーやガードバンカーに
つかまり、リカバリーショットで無茶狙いをした結果招いた
大叩きである。悔しい思いが身に沁みている内にリベンジを
挑みたかったが、小金井CCに二度と行く機会はなかった。




posted by Teraken at 18:52| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

きれい事と理想と現実はまったく違うと思う。

ゴルフには国籍なんて関係ない!

1番からこんなに熾烈な戦いを目の当たりにしては、離れるわけにはいかない。
迎えた6番ホールがまた凄かった。ティショットはウィがフェアウェイで、
ヤニは左バンカー。第2打を先に放ったウィは、右奥に切られたピンに対して、
左手前、2段グリーンの上に載せてしまう。グリーン奥から見ていると、
ヤニの目の前には頭が見える程度の高いアゴがある。全文を読む
posted by Teraken at 19:57| Comment(0) | ゴルフ関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

ゴルフは一度つまずくと立ち直るのは大変なんだよ!

ウッズ、最終日に崩れ2年ぶりの優勝ならず

2月13日、男子ゴルフの欧州ツアー、ドバイ・デザート・クラシックで
タイガー・ウッズは20位タイに終わり、2年ぶりの優勝はならなかった。

男子ゴルフの欧州ツアー、ドバイ・デザート・クラシックは13日、
当地のエミレーツGC(パー72)で最終ラウンドを行い、
タイガー・ウッズ(米国)は通算4アンダーの284で20位タイに終わった。

 ウッズは首位と1打差で最終日を迎えたが、3オーバーの75と崩れ、
2009年11月以来のツアー優勝はならなかった。

アルバロ・キロス(スペイン)が通算11アンダーの277で、欧州ツアー
通算5勝目を挙げた。世界ランク1位のリー・ウェストウッド(英国)は
15位タイ。同2位のマルティン・カイマー(ドイツ)は31位タイだった。

(ロイター 2月14日(月)12時41分配信 より引用)
posted by Teraken at 20:16| Comment(0) | ゴルフ関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

不運なゴルフエピソード!中嶋プロの場合!!

「トミーズバンカー」は大叩きの記念

「あぁ〜不運なエピソードだ!」

中嶋プロは、長いプロ生活の中で多くのエピソードを持っています。

中でも有名なのが、1978年に初出場したマスターズの2日目に13打を打つ当時の
ワースト記録を作ったこと。この日は13日の金曜日。13番ホールで13打打った
ということで、現在も多くのゴルフファンの記憶に残っています。

ちなみに1980年にパー3の12番でトム・ワイスコフが13打のワーストスコアを
出しました。13番はパー5なので、現在のワーストはワイスコフが持っている
といえるでしょう。全文を読む
posted by Teraken at 13:47| Comment(0) | ゴルフ関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

ジャストミート、インパクトを撮らえる

インパクトを撮らえた瞬間の画像!

実際にボールを打っている瞬間を息子がジャストシャッターで撮ってくれました。
ロングアイアンとドライバーのインパクト、顔の形相は歯をくいしばっていますが、
腕で叩いている訳ではなく、主に下半身の早い動きと腹筋に力を入れているのです。
両膝がつっぱらずに重いものを持ち上げる様に筋肉全体のバランスが大事なのです。
両腕に力が入っているようには見えず、ヘッドをぶら下げているだけのようですね。

 Teraken2.jpg   Teraken3.jpg

理屈抜きでシンプルなスパイラル打法とは!

下半身と上体とのねじれ、スパイラル状態の腹筋、
大きなマッスルを右回転でねじる様なバックスイング、
決して両腕だけでクラブを上げようとしてはいけません。

そのインナーマッスルのねじれを戻す、解放する速さ、
下半身リードのボディーターンによって両腕が振られ
タメの効いたコックが自然とリリースされ、ヘッドは
自然に走り最速でボールを遠くへ弾き飛ばすのである。



タグ:インパクト
posted by Teraken at 17:22| Comment(0) | シンプルなスパイラル打法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする