身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2011年12月28日

辛い悲しい訃報。敬愛していた杉原輝雄師匠がこの世を去った。

プロゴルファー杉原輝雄さん死去 
(デイリースポーツ 12月28日(水)15時14分配信より)

「日本プロゴルフ界のドン」の異名を持つプロゴルファーの杉原輝雄さんが
28日朝、前立腺がんのため死去した。74歳だった。

 大阪府出身の杉原さんは、キャディーのアルバイトでゴルフと出合い、
1957年にプロ入り。通算63勝している。
1973年のツアー制施行後、28勝で日本に7人しかいない永久シード選手となった。

1997年に前立腺がんの告知を受けたが、その後も
治療をしながらツアーへの出場を続けた。
2007年のつるやオープンでは68歳10カ月と世界最年長で
レギュラーツアーの予選を突破。
また昨年の中日クラウンズで同一大会連続出場世界記録(51回)を達成した。

通夜、告別式は近親者のみの密葬にて執り行い、後日お別れ会を実施する予定。

                


まさか…、ツアー出場は無理にしても、こんなに早く逝ってしまうなんて、
お孫さんと遊んでいた時の笑顔のツーショット写真を思い出します。

あの時に「近いうちにお会いしましょう。」と言われた電話の声が耳元に残っています。
どうしているのか…と時折気にしながら、お会い出来ないままで誠に残念です。
試合で応援に行き「こんにちは」と言うと「何しに来たん」と気さくに冗談を言ったり、
いくつもの感動で生きる勇気を頂いたりしました。ありがとうございました。(合掌)

【思い出のツーショット写真】

K-G005.JPG

ヘアースタイルはパーマー、タートルネックに、当時、アランドロンがCMを
していたダーバンのブレザーに真っ赤なスラックス、二十代の後半でした。



ラベル:杉原輝雄
posted by Teraken at 17:26| Comment(0) | ゴルフ コラムニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

創作ゴルフ小咄「マン振り」とは

『創作ゴルフ小咄』五代目志ん生風に仕立てたつもりです。

ゴルフってものは、やればやっただけ、上手くなるかっていうと…、
そうでもなさそうで…、だんだんよくなるほっけの太鼓っていう、
訳にはいかないようですなァ〜。
内なんぞは、リンさんと口喧嘩が始まると、やればやるほどこっちの
分が悪くなる、噺家も女房の口には勝てねぇ、あれとおんなじだな…、

「やぁ、つよしくん、いいとこへ来たねぇ、まぁこっちへ上がれよっ」
「ところで、つよしくんはよく飛ぶそうだねぇ、」
「ご隠居いきなりなんの話ですか?」
「何の話しかって、何を勘違いしてんだか、馬鹿、ゴルフだよゴルフ、
 ボールがよく飛ぶそうだなって、聞いてんじゃねぇか…、」
「えぇお蔭さんで、」
「お蔭さんでって、変な野郎だねぇ、この前の町内会のゴルフ大会で
 遼くんバリのマン振りでドラコン賞をゲットしたって、同伴者から
 聞いてんだが、マン振りってどんな振り方をするんだい?」

「何だぁ、マン振りですか!いちじゅうひゃくせんまんの万なのか?、
 ガソリンが満タンの満なのか、男を英語でいう「Man」からきたマン
 なのか解かりませんがねっ?。持てる力とスピードを目一杯、出し切
 って振る、フルスイングをマン振りって言うんだそうです。え〜ぇ」

「ふ〜ん!、マン振りとは、満身の力をこめて振ることなんだねェ〜」
「そ、そうですよ、ご隠居、さすが!キレイにまとめましたねぇ〜、」
「だがねぇ、もう、マン身の力を込めるのは無理、セン振りにするよっ!」


posted by Teraken at 18:03| Comment(0) | ゴルフ コラムニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

ゴルフエピソード。コース内で排泄しないように…。

振り返ればぁ〜むかぁしむかぁしの話し

ゴルフには運がつきものとよく言われますが、今から三十うん年前、
石川県のかの有名な朱鷺の台CCをラウンドした時のことです。
午前のハーフは僕の調子と運が良くて、勝負はボロ勝ちでした^^)/。
午後のスタートで、相手がベットのレートを倍にしてきました。
(受けて立ちましょ、ぼくちゃん今日は調子がいいからねぇ)

今となっては何ホール目だったか忘れましたが、ティーショットを
打って、セカンドショットに近づいてきた辺りで、突然「イテテテェ」
杉本社長がお腹を抱えOBゾーンの雑木林の中へ消えて行きました。

暫くたって、「テラダ〜紙ぃ〜」なんてこっちゃ笑うしかありません、
「社長、野糞しよったでぇ、マナー悪いなぁ〜」(ゲラゲラハハハ〜)
キャディーさんからティッシュをもらって、いざ、やぶのような所へ、
後ろ手を伸ばしている社長にティッシュを渡すと、フエアーウエイへ
鼻をつまんで、一目散で戻りました。
やがて「あぁ〜、スッとしたぁ」(あの手はどこで拭いたのかなぁ?)
社長が「カキーン」セカンドショットは「ナイスオン」(ギャーッ)
こっちも負けじとアドレスに入るが…呆れかえって笑いすぎたのと
ティッシュを手渡すときに、チラッと見えた社長の白い尻がチラつく
ままよと打ったセカンドショットは地球を叩き大ダブり(ワッチャ〜)
「社長が野糞するからやぁ〜」(ボヤク)運が向こうに行ったァ〜、
その後は、もう調子が悪くってゴルフにはならずベットも負けたぁ〜。
「野グソなんてマナー違反やこんな賭け無効やぁ〜」と文句を言うと、
「出物腫れ物所嫌わずって言うやん、なっテラダ…」(クッソォ〜)



posted by Teraken at 08:29| Comment(0) | ゴルフ コラムニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

オープンフェースについての解説動画!

オープンフェースが上達の妨げである。



オープンフェースになっていませんか???

ドライバーの場合のトップでは、フェース面が45°ぐらい上に
向いていると、ボールのつかまりがいい角度と言われています。

最も重要なポイントはダウンスイングで、シャフトが地面と水平に
なっている位置で、フェース(リーディングエッジ)が垂直よりも
やや後ろに傾いた(開いた)状態になっていないかと言うことです。

開いているオープンフェースがすべてのミスショットの要因なのです。

これはダウンブローにとらえることで、スピン回転でボールが上がる
ことを理解せず、フェース面で救い上げて高く飛ばそうと思っている
方に多く見られる傾向で、いわゆる救い打ちのスイングになっています。

グリップが腰のあたりに来た瞬間にフェースは(10°〜15°)
ぐらいは前にかぶさって(傾いて)いる状態が基本であると言えます。
オープンフェースでダウンスイングをするとプッシュアウト、シャンク
引っかけ、飛ばないなど七色のミスショットが出てしまいます。

トップからダウンへ切り返し、グリップが肩の高さから降り始めた瞬間から、
(グリップのかぶせ方、持ち方によって多少の誤差がありますが)
リードする手の甲は前に向き、甲側は徐々に見えなくなり、インパクトで
はターゲットにほぼ直角に向き、フォローで後ろを向く、このグリップの
位置が3時と9時の間の振幅運動でフェースがオープンにならないように
振るこのハーフショットの基本練習が正しいスイングに重要なのです。



posted by Teraken at 20:12| Comment(0) | スイングの基本練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

正しいグリップが良いスイングを作る!

グリップの大切さ。

左手を深く被せて握る超フックグリップ(ストロンググリップ)カプルス、
エージンガー、デュバルプロが有名です。
左手甲がターゲットと垂直のグリップはスクエア(ウィーク・グリップ)で、
陳清波、オラサバルプロなどが有名です。
ウィーク・グリップは、フェードやスライス・ボールを打つのに適している。
などとよく言われますが、一概には言えません、フックグリプでフェード
ボールの球筋で攻めているプロもいます。

悪いグリップ、良いグリップ、理想のグリップとは。個々によって若干の
相違点がありますが、基本を踏まえその人に適してるいればいいのです。
ゆるゆるグリップも、真に受けるとフェース面にバラつきが出ます。
腕全体にガチガチに力が入るのを防ぐためのアドバイスの一つなのです。
指に隙間なくグリップをピッタリと握って、腕と関節が柔軟に振り子運動の
妨げにならないように楽に早く動いていればOKなのです。

ベン・ホーガン:良いゴルフは良いグリップから始まる。
        グリップの悪いプレイヤーには、良いスイングは出来ない。
        グリップはスイングの心臓である。

ハリー・バードン:多くの場合、方向に難点がある人はスイングよりも
         グリップが悪い。

タイガー・ウッズ:良いスイングを作る為には、必ず良いグリップが必要です。




posted by Teraken at 18:13| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする