身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2012年06月29日

ゴルフスイングは素振りでチェックをして、正しい動きを!。

初心者のための講座

素振りでスイングの練習をする時、クラブの先のヘッドの重みを感じて

振ったときにその遠心力で両腕が引っ張られるような感じで

インパクト後のフォローで三角形が伸びて、フィニッシュに向けて

ヒジがたたまれ、右腕が捲きつくようになればOKです。

ぶらんこが往復するようなリズムで、ブラーンブラーンとゆっくりめで

振るのもいいです。

足腰、下半身の正しい動き(フォーム)をちゃんと意識して下さい。

フットワークを先に身に付けると、上半身は綺麗な動きが出来ます。




posted by Teraken at 11:22| Comment(0) | ゴルフが早く上達する講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

今からゴルフを始める初心者の方のために…^^)。

初心者のための講座

ゴルフが上手くなると、ボールはグゥーンと伸びながらきれいな飛び方をします。

そのボールを飛ばすと言うことは、ヘッドを早く振ること(ヘッドスピード)が

大切です。ヘッドスピードを上げるには腕がビュウンと早く振れなくてはいけません、

振る腕とボールを叩こうとする腕は違います。

両手でクラブを持っているグリップ、そのグリップを支点として、クラブは円を描くの

ですが、インパクトのヒッティングポイント(振るタイミング)では、ボールの位置を

通過する一瞬はクラブの先(ヘッド)がグリップより先に飛球線方向(ターゲット)に

向かって出て行きます。

スイングと言うクラブを振る一瞬ですが、グリップが支点(止まったように)となって

シャフトがしなりヘッドが走り抜けボールをはじきとばします。

片手でロープや紐などを早く振り回すときに、だんだんと、回す支点が大きく動かなく

なるのと同じような原理です。そのコツさえつかめば非力な女性でも面白いように遠く

へボールを飛ばすことが出来ます。まずはグリップ(正しい握り方)に慣れて下さい。


posted by Teraken at 20:02| Comment(0) | ゴルフが早く上達する講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

全米オープンをTV観戦して、思ったこと。

難コースの全米オープン

フューリクは16番のティーショットでチーピンを打ってしまいトラブル、
そのホールをボギーにしてしまいました。
あのショットの事が後のミスを誘発したように、青木さんも羽川さんも
何度も触れていましたが、ぼくはそういうふうには、思ってないのです。

あの、モンスターのような難コースを攻めて、少ないバーディチャンスを
入れたい、決めたい、モノにしたい、、フューリクは16番までに、
その数少ないバーディチャンスを決めることが出来なかった。
その悔しさが、焦りとなって、攻めに行って、放ったティーショットが
16番のチーピンなんです。
勢いあまって上体に力が入り、アップライトからのループスイングの
軌道で振り切る彼独特のスイングが膝が止まったために、フックが早く
強く掛かってトラブル、のミスショットになってしまったのです。
プロはバーディを取れないことがナーバスになる最大の原因なのです。

観戦が終わって、感じたことは、ワンオーバー(+1)で上がって、
待っていたら優勝を手にした、ウェブ シンプソンのようになりたい、
強運を持った人間の方から何かを得たい、と思って見ていました。
成功した方の運を肥やしにしたい、そんな気持ちが強かったです^^)。

正直言って、いみじくも、あのように青木さんも言っていたように、
惨め(青木さんだから許せる言葉)で悔しい思いはしたくありません、
フューリクは過去にも同じように、優勝を逃しています。
次の機会に優勝を手にし甦る、フューリクに期待したいと思います。
(・o・)/。ヨロシクです。


posted by Teraken at 20:49| Comment(0) | ゴルフ コラムニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする