身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2012年07月30日

何も持たないで、机の上に置いたボールを打ってみる!。

手の動きでゴルフのコツを掴もう!

teru-g1.jpg

実際のスイングのヘッドの軌道は地面から離れて高いトップの位置から

降りてきて芝生を削りとりながら通過し、地面から離れ、より遠くへ円を描き、

フィニッシュに戻ってきます。これは当たり前ですが…、

それにプラス、ソールが地面をこすり往復している前出のイメージを加見して

振るということなのです。フェースが解ればゴルフは簡単に思えてきます^^)。





posted by Teraken at 18:54| Comment(0) | ゴルフが早く上達する講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

左利きの人がうちわを使ってスイングのイメージづくり(^0^)/。

前ページを画像で補足!

画像は左から順に、アドレス→トップ→フォローになってます。

うちわでの横振りから、フェイス面も正確になるイメージをつかみましょう。

● クラブのソールを地面と水平(こするよう)に動かしているイメージの画像です。

teru-g 009.JPG teru-g 010.JPG teru-g 011.JPG

● 手首をこねたりしないで、面を保ったままでうちわを動かしている画像です。

teru-g 001.JPG teru-g 002.JPG teru-g 003.JPG

● 体の動きとシンクロさせ、持った手首をキープし、下にあるサッカーボールを

 飛ばしているイメージの画像です。

teru-g 006.JPG teru-g 007.JPG teru-g 008.JPG

ゴルフスイングのイメージには大きく分けると、クラブを垂直に垂らして、

グリップエンドをつまんで、振り子のように動か往復運動から、前傾姿勢の

スイングへと移行する考え方と、

水平な横振りの往復運動から、フェイスの面をスクエアにし、前傾姿勢の分、

シャフトも腕も斜めになり、ゴルフスイングへと移行する考え方の二つがあります。

今回は、ゴルフスイングを簡単なイメージで振りやすく方向性も良くなる。

地面と水平な横振りの動きで、うちわの大きな面を地面と直角に構えて、

水平に振るイメージで、上下動さえしなければ、躊躇なくフルスイングが出来て、

飛んで方向性の良いボールが打てるのです。

上から点でとらえるのではなく、ヘッドが通過すればボールに当たりますから、

思いっきりパワーを発揮して振ることができるのです。

簡単でミスの少ないスイングのヒントをこの画像から、自分のモノにして下さい(^^)/。




posted by Teraken at 18:01| Comment(0) | ゴルフが早く上達する講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

横振り(水平)のイメージでゴルフを簡単にするコツとは!?

うちわを使って、簡単なクラブの面と振り方を学ぼう!

(今回は左利き用の解説になっております。)

あくまでも、地面と水平に振っているイメージでうちわを振って見ましょう。

うちわを左手で握って、直角に構え、水平にカラダ(肩)が左に向くのに合わせて

水平に腕を動かしトップオブスイングのヒジと手首の形から、カラダ(肩)が右に

向く回転に任(合)せて、腕を振ってひじをたたんで首に巻きつくける動作です。

うちわの面を開いたり閉じたり一切しないでスクエアにボールをとらえるイメージ

で水平に振るので、上下のブレもなく、ダフル心配もなく躊躇なく振り切れます。

U字やV字のヘッド軌道で上からジャストミートしなければというリストやコック

をほどく(打つ)という動作のヒッティングポイントを一点に集中しなくても、

ダフルリスクも少なくソールがすべってボールをはらい飛ばしてくれます。

そして水平に振ると思いっきり100%のパワーが伝えられやすくなります。

腕がアドレスで斜め下か、真っ直ぐだらんと下ろした位置から、アップライトな

スイングであろうと、フラットであろうと、ヘッドは水平に円を描いた時と同じ

イメージで動いている、あるいは横振りでソール部分がマットをこすっている

イメージで振ると楽にヘッドが抜けて早く振り切れます。

上からの円で打ち下ろすイメージは点でとらえようとしているので難しいのです。

ボールがある地面と水平に振っていると思えば、ラインでとらえるので思いっきり

触れます。これが、私の頭の中にあるボールを簡単に飛ばすコツです^^)。

プロは皆、このコツでラインで飛ばしているのになぜ言わないんでしょうかねぇ?

(動作をまじえて伝えないと、解り難いかも知れませんね^^)。




posted by Teraken at 20:46| Comment(0) | ゴルフが早く上達する講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

ゴルフのラウンドの前後に筋肉をほぐすストレッチをしましょう。

ゴルフの疲れを残さないように^^)。

ゴルフをする機会が多いと筋肉痛になりますので、筋肉をほぐしましょう。

そこでラウンド後に、ぼくが家で行うズボラなストレッチの方法です。

足腰の疲労とふくらはぎの筋肉痛などに有効です。

仰向けになり、足を上げて膝を軽く曲げて、自転車コギの動きをします。

足首とふくらはぎがブランブラン柔らかくなるように動かします。

次に腰を手で支え、足を天井に向けて上げ、足首、膝関節、ふくらはぎを

ブランブランと10秒ほど揺さ振る動きを三セットでOK疲れが抜けます。

お家のお風呂上がりにこのストレッチをするといいと思います(^o^)/。



posted by Teraken at 18:51| Comment(0) | ゴルフ コラムニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

腰の動きとインパクトのタイミング、右腰骨の位置を考えよう!。

初心者のための講座

腰のリードが先ということは、膝から下は一番先に動きます。

動画を見れば一目瞭然ですが、左腰の戻りと切れが早いです。

プロのトップオブスイングの始動を見れば、右足のふくらはぎが

左に押し込む動き(両膝の左への動き)が早いです。

おへそが正面を過ぎ45度以上左に向いた一瞬がインパクトです。

言い方を変えると、右太ももの付け根がボールの位置を通過する時、

あるいは右腰骨がボールの位置に近づいた一瞬がでインパクトです。

それが、ボディターンスイングであり、下半身リードのスイングです。









posted by Teraken at 09:27| Comment(0) | ゴルフが早く上達する講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腕に力入って筋肉がガチガチでは効率よく振れません!。

初心者のための講座

素振りでクラブをビュんと振って、ヘッドに最大限の遠心力を

利かして、ボールを遠くへ効率よく飛ばすためには、腕全体が

ガチガチにならないように、力が入りすぎないようにしましょう。

ブランブランブランブランしていなければ、ヘッドスピードは

ビュんと出ません、ブランブランの中に、シャキッと刀でモノを切る

時のような、両腕の締まり(緊張)感があるのですが…、、、その、

インパクトの一瞬は、慣れてきたら、自然とそうするようになります。

素振りは足腰を使って、ゆっくりめに、クラブとヘッドの重さを感じて振る、

そのときは、見たお手本のイメージ通りかをチェックしましょう。








posted by Teraken at 09:17| Comment(0) | ゴルフが早く上達する講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トップの右手首の形をプロから学びましょう!。

初心者のための講座

トップでは右手首がどのように折れて、クラブを受け

止めているか、それが正しくないと、フェイスも狂うし、

ヘッドを早く振れません、コックアンドリリースが基本です。

トップでクラブが収まるまでに、コックを開始して、ダウンスイングの

インパクトで手首を伸ばす、リリースをして、ヘッドを投げ出す感覚です。

もちろん、いつも言っている、腰の力強いターンを活かしてです。

ラベル:右手首
posted by Teraken at 09:13| Comment(0) | ゴルフが早く上達する講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

ゴルフこつのコツ、初心者は手首の使い方を学べ!。

初心者のための講座

ゴルフでも手首の動きはハンマーを振り下ろすときと同じ要領で、

手首を剣道のお面を打つときのように、手首を曲げ(コック)振り下ろす体制をします。

そして先っぽの鉄の重さを利用していっきに振ります。

両手首はほどかれて、まっすぐに伸びます。

曲げた手首を真っ直ぐ伸ばした瞬間にボールが飛ぶタイミングを身につけよう。

その時に、シャフトもしなりばねのように働きボールを飛ばしてくれます。^^)。

ものがまわるときに、支点とか軸がありますね、ゴルフも同じです。 

軸は肩甲骨(首の付け根の後ろ)の中心あたりで、腕のつけねの肩(鎖骨を含む)が

支点で肩からヘッドの先までが円をえがく半径であり、紐(ひも)です。

それをしっかり早くまわす。身体の回転のエンジンが腰の切れです。

その腰の動きをちゃんとさせるのが、フットワーク(足)です。^^)))。。。


posted by Teraken at 05:42| Comment(0) | ゴルフが早く上達する講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする