身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2013年01月19日

左腕のターン、あるいはリストターン、フェースを返すとは。。。

ヘッドを早く振りぬいてスムーズなリストターン(返し)をするには、

トップからの切り返しで、(振り下ろしてくる時)上体が突っ込むと

言ったり、右肩がかぶるともいいますが、下半身リードの右腰と右肩が

いっしょに動いて、打ちに行くと、左腕一本で振る腕のターン(返し)の

イメージが出来なくなり、真っ直ぐ飛ばそうとして、左ひじが曲がり、

飛球線方向に突き出た(フェースが返らない)格好で振ってしまいます。

右肩がインパクト前でかぶらないで、ヘッドが送れて降りてくるから

腕の返し(リストターン)が可能になるのです。

切り返しで、腰がアドレスの位置に戻っても、両肩はまだ正面を

向いていないギャップが、ゴルフの極意の一つと言えます。

クラブシャフトが立って下りて来る、レートヒッティングの形で

プロの両肩の位置はどうなっているかをよく見て確認しましょう。



posted by Teraken at 21:32| Comment(0) | ゴルフが早く上達する講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする