身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2013年05月29日

ボールが飛ばない人に多く見受けられる欠点

左腕全体の大切な役割

インパクトからヒットする時に左腕が曲がりヒジは引けている。
それが普通に飛ばない原因で最も多く見受けられます。

トップからの切り返しでグリップが腰ぐらいの高さに降りてきたときに
クラブはやや斜めにはなっていますがまだ立っています。
グリップエンドが地面をさしている感覚です。
そこから一気にヘッドを走らせます。
と言うことはグリップしているコックを解き放つわけです。
リリースとも言いますし、ヒッティングポイントなのです。
さてここからがベリーインポータントです。
インパクトへ一気にヘッドは向かってボールを弾き飛ばしますが、
その時の、左腕の手首、ヒジ、脇、全体の役割がどうあるべきか、
まず、手首が折れないでシャフトが先に飛球線方向に向くこと、
次に左腕がたわんだりしないように、ひじを曲げたり背中(脇腹)の
方に引かないように、しっかりと脇に、胸に密着していなければ
なりません、ヘッドを早く走らせるには、左が逃げていてはダメなのです。
そのことを頭に入れて、プロの左腕の使い方を理解して下さい。

posted by Teraken at 20:02| Comment(0) | ボールを飛ばすコツ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

ワールドレディスサロンパス杯 茂木選手はツアー通算6勝目で国内メジャー初制覇。

女子ゴルフの国内メジャー第1戦、ワールドレディスサロンパス杯は12日、2位スタートの茂木宏美がスコアを四つ伸ばし通算9アンダーで逆転優勝した。日本勢の優勝は4年ぶり。茂木はツアー通算6勝目で、国内メジャー初制覇。

上位陣にはロングヒッターが多い。茂木も前日までの会見では飛距離でのハンディを口にしていた。
際立ったスイングをしている訳でもなく、スイング全体から受ける特徴は、何を振っても腕とクラブが体から離れない、インパクトを強調するスイングではなく、よどみなく振り切るタイプである。

フジサンケイレディスクラシックで予選落ちをしていた茂木宏美が、最終日12日の前半9ホールはなんと10パット。
優勝に導いたパッティングが好調だった要因は!。

戸張捷さんから、“そんなに左ワキが開いていたらダメなんじゃない?”
といわれ、翌週は意識して練習しました。
テレビ中継で私のパッティングが映っているのを見たら、アドレスが弱々しかった。
それで、アドレスで下半身をどっしりと構えるようにした。

優勝争いの上位陣がことごとく、パットをはずしてスコアが伸びなかったことも、茂木選手の優勝に繋がったと思います。

皆さん、練習場に行ったら、フルショットで飛ばす練習ばかりしないで、正しくてキレイな動きのハーフショットスイングを50発は打つようにしましょう。
言い換えれば、七分目(70%)のスイングでフォームだけで飛ばす練習をして下さい。
そのスイングがちゃんと出来るようになって居ると、ゴルフは上達しスコアも必ず良くなります。



posted by Teraken at 11:29| Comment(0) | ゴルフ コラムニスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする