身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2014年08月28日

愛用していたドライバーは竹林隆光さん設計のVESPO!。

   竹林 隆光 設計のゴルフクラブ BIG VESPO CONCEPT

 竹林さんは1949年、東京都武蔵野市出身。73年に成蹊大学を卒業後、
 ゴルフクラブ メーカーを経て81年に株式会社フォーティーンを設立。
 80年代のヒット商品である横浜 ゴムのインテストをはじめ、
 ゴルフクラブデザイナー&“コーディネーター”として活躍した。
 BIG VESPO は竹林 隆光の設計のヘッドです。


 tera-golf 004.JPG tera-golf 003.JPG


 シャフトは、BLUE POWER フレックスは52の番号は「S」である。
 51がSRで、50がRで48がAで45がLとなっている。 
 今では、重くて硬くて、以前のように振り切れません、何方かにお譲りします。
 ヘッドはシャローフェイスで11.5°、デカヘッドではありません、ヘッドスピードが
 45以上出る方なら、充分振り切れます。そして高弾道で飛びます。

 tera-golf 001.JPG tera-golf 002.JPG



posted by Teraken at 16:54| Comment(0) | おいらのごるふ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

これが!わたしのシンプルなスパイラル打法だ!^^)。

 
   171ゴルフセンターにて7番アイアン

     


     







posted by Teraken at 18:34| Comment(0) | シンプルなスパイラル打法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

『ゴルフ思い出の動画』あのころ君は若かった!^^。

 
 生徒のクラブで打って見せているところです。

 あの頃に比べると、現在のドライバーのヘッドはずいぶん大きいですね^^)。

 





 
posted by Teraken at 09:14| Comment(0) | おいらのごるふ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフクラブの選び方、シャフトのキックポイントを知ろう!。

シャフトのキックポイントとは、先調子、中調子、元調子などのことです。

シャフトのどの 部分が最もしなり易いかを示します。先調子は先端側、

中調子は中央付近、元調子は 手元側がしなり易いということになります。

どのようなシャフトが向いているかは、ヘッド・スピードとスイングの

ヒッターかスインガーか、 タイプによって決まると言える。

ヘッド・スピードが早く力のあるヒッターは 硬くて、重くて、トルクの

低いものが適しているし、ヘッド・スピードが早くても、スインガーと

言われるタイプのプレーヤーは あまり硬くなく、トルクも中程度の

シャフトが一般的に合っていると考えられている。

ヘッド・スピードの遅い人は、軟らかくて軽め のシャフトが良いでしょう。

ボールをより高弾道で打ちたい人は、ロー・キックポイントで先調子の

クラブが合うと言えます。



posted by Teraken at 09:07| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする