身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2016年04月26日

ゴルフスイング、アドレスのまま振りましょう!!!(^▽^)/。


『7番アイアンでのショット』

しっかりしていて動ききやすい。この2つの条件を満たすアドレスを作る。

正しいアドレス(ポスチャー)は、良いスイングをする大切なポイントです。

正しい姿勢で構えたら、肩から腕の力を抜いて、自然に下がった位置で、

左グリップをスクエアーよりややストロングに握るのがナチュラルな構えです。


構えたらそのまま振る、どこにも力を入れていないようでもボールは飛びます。



◎ アドレス(ポスチャー)の形を保って、そのまま振ればいい!(^-^)/。

◎ 腕力に頼らない、足腰上体の動きで腕が振られているスイング(^-^)/。

◎ 目線もインパクト後のフォロースルーとともに顔を無理に残さず飛球を見る。





posted by Teraken at 18:16| Comment(0) | ボールを飛ばすコツ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする