身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2016年06月22日

正しいグリップとは!、フィンガーグリップ


「リストワークがしやすいグリップ」

「パームグリップ」ようするに手のひら側でグリップが斜めに来るように握ると、
手首の動きが制限され、柔らかいシャープなリストの動きが出来ません、、、。

guripu1.jpg

人差し指は第二関節と第三関節を曲げて、他の指は付け根と第一関節で、ほとんど、
指のつけに沿って握って下さい。これで、リストワークがやり易くなります、(^_^)。

guripu3.jpg guripu4.jpg guripu5.jpg guripu6.jpg




posted by Teraken at 14:27| Comment(0) | ゴルフが早く上達する講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

スイング軌道をインサイドアウトにするには、、、^^)。


『ドライバーの場合のイラストです』

青いラインは飛球線です。足は肩幅が入るぐらいで、オーソドックスに飛球線と
並行にしました。頭の位置はとうぜんボールの後ろ右側で、後ろに書いた白い
線程度に傾いても構いません、頭が動いて赤の×印の位置に動いたらダメです。
それで、赤い線がドライバーヘッドが通るインサイドの軌道です。
ここで、大事なのは目線はヘッドが通り過ぎるまで、赤いラインに合わせて少し
斜めのままにしてヘッドが通るのを見て頭も目線も動かさないで打ち抜きます。

ゴルフイラスト.jpg

赤いラインに沿ってヘッドが通るといやでも外の方へ振る感じになりますので、
そのままでは、右に飛ぶような気がしますので、クラブをかぶせて(返して)
つかまえようとします。頭がボールの後ろに残った上体で振りますから、
両腕の三角形もできて、左腕もピンとなります。ボールの音がしたら顔は動いて
も構いません、むしろ球を追って動いたほうが腰や筋肉を傷めなくていいです。




posted by Teraken at 18:00| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

この形が出来ていたら、あなたはゴルフの達人です。


「この飛ばした瞬間を真似ろ」

飛ばした瞬間のプロの両腕の位置とグリップを握っている両手、
お尻、太もも、足の形、ハンマー投げのような背中の形、
両腕が遠心力で伸びていますね、伸ばしているのではありません、
ヘッドを降った結果がこの飛ばすためのスイングの形です。

写真に写っているヘッドは、ほとんど90°近くまでヘッドが
ローリングターンによって、返って(閉じて)いますね、、、(^_^)。
ボールをまっすぐ飛ばそうとして、ヘッドの面を返さないまま振る
のは間違いであることがおわかりになると思います!!!(´∀`)。
ボールをつかまえに行くヘッドの動きとはどういうことか、、、(^-^)/。

impact2 (2).jpg

impact2.jpg

impact3.jpg

impact4.jpg

impact6.jpg

impact7 (2).jpg

最後の写真はアイアンショットなので、ボールの位置が近い分、
振り抜いた両腕、グリップの位置も体に近いのは当然です。

impact1.jpg




posted by Teraken at 11:53| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

ラケットの面とクラブの面と同じです。

グリップしている手の動きを参考にして下さい。

これがヘッドを返す。ローリングターンです。

シャフトの上がる角度(スイングブレーン)とフェース面の角度は同じ、

CIMG0933.JPG

インパクトでは、とうぜん、スクエアに戻します。

CIMG0934.JPG

フォロースルーのグリップの位置と返された面の角度、右手が左手を追い越している。

ここが重要でラケットの位置とグリップエンドの向いている方向とフェース面の角度、

実際には腰がもう少し切れて、下半身リードの動きでお尻がもっと見えています。

CIMG0935.JPG

左腕は脇をしめるようにして伸びてクラブの回転を支える軸となっています。

CIMG0936.JPG

肘が逃げることなく曲がることなく伸びたまま腕はローリングしています。

CIMG0940.JPG

フェースは完ぺきに返り、両腕が交差するようにフィニッシュへ、、

CIMG0939.JPG

ヘッドアップをしてクラブが下りてすくい打ちになっています。

CIMG0944.JPG

手だけで上から叩こうとして、両腕がつまっています。

CIMG0943.JPG

フェースを返さずにまっすぐ飛ばそうとして、肘が曲がって浮いています。

CIMG0942.JPG

右手の返しが強すぎて、早すぎて、ボールは左に飛んでしまいます。

CIMG0941.JPG

上体が突っ込んで打ちに行ったために、肘が逃げてはらい打ちになっています。

CIMG0938.JPG

アプローチで返さない打ち方、打った時に右手が下になったままです。

CIMG0937.JPG












posted by Teraken at 17:05| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする