身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2017年08月26日

ゴルフの練習で超スローモーションの素振りの動画です!^^)。


  「全画面モードでご覧ください!」

 ゆっくりと全身を使ってフルショットのイメージの素振りを約20秒間をかけて振っています。テークバックの始動からバックスイングへそしてトッブオブスイングの形からダウンスイングの切り返し、インパクトではヘッドはスケアに通過して行きフォロースルーからフィニッシュまでよどみなく、腰もターゲッットに向いて行きフットワークもしっかりと。





 この動画は基本中の基本で、アドレスの位置から約90度まで上げたその範囲をシャフトとヘッドが正しい動きをしているかのチェックの練習です。悪い動きの例をツーパターン入ってますが・・、リストのローリングを難しく考えずにグリップを元の構えた位置に戻せばヘッドはスクエアであるという当たり前のことを正しく行う練習です。これも、ゆっくりと通常とを繰り返して練習しましょう。見ればわかりますが、左手とグリップエンドは構えたままの位置に戻っていますね、これでボールは真っ直ぐ飛びます。



posted by Teraken at 11:27| Comment(0) | スイングの基本練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

飛ばすスイングの「綱引き理論」を理解しよう!^^)。


  「解りやすく解説してくれています」

 綱引きのときに綱が腰と胸のあいだくらいの位置にあるとしたら、セーノーと掛け声をあげて綱を引くとき、人間はどこから引き始めるかを、実際にゴルフクラブを使ってやってみたらいいと思うよ。絶対に下半身に力を入れて引き始めるよ。皆さんは、肩より上の頭の近くにあるクラブを「引く」というイメージをしてると思うけど、頭近くにあっても、腰と胸のあいだくらいの綱を引くイメージで下半身から動けば、「綱引き理論」というのが正しいことがわかると思うな。綱引きの際の本能的な下半身の使い方がゴルフスウィングにおける正しい下半身の使い方に極めて近いです。
 
 両腕を横に伸ばして、グリップを持って、シャフトを綱だと思って、綱引きのように引いてみたら、ああ、なるほどこれが下半身の使い方かとわかるんじゃないでしょうか。実際はシャフトはまだ立っているレートヒッティングの形ですが、そのとき、腕や手や肩に(上半身)力が入っていたら、ぶちこわしですが・・・。しっかりと固めた股関節の上に、力の抜けた上半身がポコンと乗っているという感じです。PWで素振りをしてみて、その下半身の使い方がわかりました。「綱引き理論」を試して見て下さい。
「スーと上げてグイッでフィニッシュ」

 http://golfeye.seesaa.net/article/188941260.html 「綱引き理論」






posted by Teraken at 15:54| Comment(0) | ボールを飛ばすコツ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

ここを読んで理解すれば。90が切れてシングルにも三年で成れる!^^)。

『読んで頭に入れるだけで上手くなる』

ゴルフの心得を理解すれば上達が早い!

ゴルフを早く上達するには、90台をきるには、シングルになるには、
上達の秘訣とは、ゴルフの基本とは、ビギナーを脱出する対策とは、
この頁は、今まで解説してきた内容の総まとめを公開しております。


『ゴルフの脳を替えろ』

ゴルフの脳を替えろと言うことは、ゴルフに対する考え方や
取り組み方練習方法を変えろということです。思い違いを正そう!。
あまりにも思い違いをしたまま練習をしている人が多すぎます。
悪いところ間違っているところその原因に早く気付いてください。


『ゴルフの基本を知れ』

ゴルフの基本と理論は有って無いようなものです。個々それぞれに
合った基本と理論があるのです。ゴルファーの数だけ理論があると
言われる所以です。数ある著書はどれもこれも間違いではないが、
言っている事がまちまちで考え方思い違いを招くおそれがあります。


『ではゴルフの基本とは何ぞや』

グリップ(握りかた)  ・セットアップ(アドレスの構えかた)
スイング(振りかた)  ・スイング(テンポとかリズムの早さ)


以上です。えぇっ???と思うかも知れませんがこれだけです。

そして、大事な事は上の全てがあなたに正しく合っている事が重要です。
グリップがおろそか、アドレスがメチャクチャ、スイングが力任せ、
スイングリズムが早すぎたりまちまちではダメだという事です。

何度も言いますが、個々にはそれぞれの考え方があって取り組んで
いることは確かだが、思い違いをしたままヘタを固めるような無駄な
練習をしている人があまりにも多過ぎます。正しいグリップにする、
正しい構え方にする、正しいスイングにする、発想を変えるだけです。


『誰でも80台は出せるように成る』

ゴルフは難しいと捉え過ぎて頭でっかちになっていませんか?、もっと
シンプルな考え方に替えましょう。ゴルフは考え方思いようなんです。

まず、ご承知でしょうけど、この当たり前の頭にしっかり入れて下さい。
ゴルフはティーショットセカンドショットアプローチパッティング
この4つが上手く行けばパープレーが出来ます。後はトラブルショットで
ミスショットとトラブルばかりではビギナーを脱出できませんね。
トラブルショットは応用編で、こればかりは経験値がものを言います。

ゴルフは思うように行かないから難しい奥深いとよく言われますが、
思うように行く事もあるから面白い楽しい止められない醍醐味がある。


『誰でも3年でシングルに成れる』

プロに成るには素質と努力、一流プレーヤーに成るには天才と素質と努力と強運、
超名手に成るには前途+ゴルフの神様が乗移った者と言える。
どんな状況下でも無我無心で己を信じ自信を失わずゴルフが出来る人である。
その裏付けはゴルフの考え方練習の取り組み方が秀出ているからである。
シングルに成るには考え方と練習方法とラウンドの数と経験です。

ここでもよく使っている正しい何々とはどういうことか考え直してみて
下さい。真逆の発想をして下さい。悪いまま間違ったままではイカンと
言う事です。正しいグリップ、正しいアドレス、正しいスイングとは
ゴルフ雑誌や教本、DVDを正しい眼で読んでそしてよく見てください。

ご自分の悪いところ、間違っているところ、カン違いなど々気付かない
解らないままでは、どのようなゴルフ理論もどんなインストラクターに
教わっても早く上達することは望めません。


『では早く上達する秘訣とは』

具体的に何なのか?を、早く教えてくれ〜と思っていると思いますが、
上記したこと全てが秘訣です。「なんだ詐欺みたい」と思わないで下さい。
早く上達すには練習の取り組み方、ゴルフ全般に言える考え方を替える
ことが一番大切な事なのです。
巷に氾濫しているスイング理論の教材は不要なのです。
ゴルフの番組を見たりゴルフの本を読んだときに、ご自分の眼と脳で
確かな情報を捉え、正しい事を真似る取り入れる感性が必要なのです。

※ 己のゴルフはどうなのかを見極めずして上達はあり得ないのです。

くどいようですがゴルフを早く上手くなるには今までの思い込みをリセットし、ゴルフ本来の基本を見つめ直して、むやみやたらに飛ばそうとするのではなく、基本的なことをできるように練習してほしいのです。早く上達する講座を読み、成る程と理解して頂けたでしょうか…!!!^^)。

【おまけのワンポイント】 力を入れるなはウソです。
力を入れずにそっと上げて、カラダの正面でエイッと力を入れ直ぐに力を抜く、簡単でしょ!^^)。
ちゃーしゅーめーん で、いいますと、「チャー」でかまえて、「しゅー」で静かに上げて、「め」で思いっきり両腕に力を入れてボールをとらえ、直後に力を抜きます。その瞬間にヘッドが走り両腕が引っ張られて伸びます。「ーん」はヘッドの遠心力に任せてフィニッシュへ・・・。
  

posted by Teraken at 21:00| Comment(0) | ゴルフが早く上達する講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする