身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2018年06月25日

高原にあるゴルフ練習場に行って来ました!。

 
 宝塚高原カントリークラブゴルフ練習場!。


 ボールの自動販売機に500円玉を入れると50球出てきます。

 すごく気持ちのいい練習場です。50球だけ打ってきました!。
    
    
    
    







posted by てらけん at 20:55| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

誰も教えない?、ゴルフ上達のコツのコツ!!!^^)


 『スコアアップにもつながる秘訣』

 ゴルフスイングの正確性を高める秘訣中の秘訣です。

 フルスイングでもこのイメージを持つことが大切ですが、

 ショートアプローチの際には是非ともこの解説を参考にして

 ショットをしてください、上手く行く安定度が増します!。

 CIMG3136.JPG

 (使用クラブAW) ショートアプローチの場合です。


 画像の位置にヘッドが抜けて行くことをイメージして打ちます。

 もちろんインサイド過ぎずアウトサイズ過ぎず正しいフォローです。


 CIMG3138.JPG

 (使用クラブ7I)ヘッドが下りて当たるダウンの軌道を考えがちですが、

 ダウンスイングでボールに当てに行く軌道ばかりにとらわれないで、

 振り抜いた瞬間のヘッドの位置をイメージして振り抜きましょう!。

 CIMG3139.JPG

 ひとつ上の画像の位置でも、この画像の位置でかまいません、

 この位置にヘッドを振り抜くんだというイメージを持ちましょう。 


 CIMG3140.JPG

 練習するときの課題に、両腕が物理的なヘッドの遠心力によって、

 画像のようにフォーローのイメージが両腕が引っ張られて伸びて、

 左肘がひけたり曲がったりせずに、打った瞬間に三角形ができる。

 スイング中に、このイメージを持って練習をしましょう!。

 CIMG3141.JPG

 上手く振り抜けるようになると、この画像のようになります!。

 肩・腕・グリーップ、この形の違いがプロとアマとの差です!。



 
 
posted by てらけん at 09:11| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

ゴルフスイングと手首(リストワーク)の重要性!!!。

 「手首を上手に生かすだけでボールは飛ぶ」


 プロのスイングをスローで見ても細かい手首の使い方は解明できませんね!。ゴルフ用語でコックとアンコックがあります。
スイング中に手首を曲げて伸ばす動きを言っています。いまさらそんなことは言わなくても知っていると思うでしょうが、果たして解っているのでしょうか???。正しいリストワークとは?、手首のどういう動きなのか?。

 手首の動きを例えるならば、金づちで釘を打つとき、杵で餅をつくなどの縦の動き。うちわを左右に動かす、真横からお布団を叩くなどの横の動き、居合道で袈裟懸けに畳表を巻いたものを切り落とす斜めの動き…などがあります。
手首の縦、横、斜め動きが一連のスイングの中で複合的に活用されているのです。このようなことを考えるまでもなく、自然に正しく出来ている人もいますが、リストワークをまったく理解せずに、ただこねくり回している人が多いのです。杓を持って水をすくうような動きになっていませんか?…。

 ハンマーで大きな杭を打つ動きを想像してみて下さい!。真下に打ち込む場合、真横に打ち込む場合、釘を斜めに打ち込む場合、縦・横・斜めの動きですが、誰もいちいち手首の動きを考えなくても自然と理にかなった手首の動きで打ち込むことでしょう。
ところが、ゴルフスイングの下半身リードのニーアクション、体幹を回すボディーターン、腰や肩や腕の動きのワンセットの中で、手首をどう動かすか?、縦でも横でも斜めでもない、複合された動きのリストワークをもう一度!。考えてみましょう!^^)。








posted by てらけん at 09:44| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする