身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2009年11月11日

石川遼とタイガーウッズの連続写真から学ぼう!

一流選手のスイングの動きを真似ろ!

 スイング理論はゴルファーの数だけあるといっても過言ではありません。
体型・骨格・筋肉・運動能力など顔が違うように一人一人のスイングの
特徴は違っているのは当たり前の事です。ですから形や理論にとらわれる
必要も御座いませんが、習字などと同じように見本を真似る事も上達の
秘訣の一つであると思っています。めざすはシンプルなスイングです。

Ryou1.jpg ryou2.jpg ryou3.jpg ryou4.jpg ryou5.jpg ryou6.jpg ryou7.jpg ryou8.jpg

<石川遼くんの連続写真 スライドショーをご覧下さい!。>

taiga1.jpg taiga2.jpg taiga3.jpg taiga4.jpg taiga5.jpg taiga6.jpg taiga7.jpg taiga8.jpg

<タイガーウッズの連続写真 スライドショーをご覧下さい!。>

二人のスイングを見比べてどこが良いとかどこが悪いとかは言えません。
遼くんは若々しくダイナミックな大きな動きで振り切っています。
それに比べてタイガーはトップからの切り替えしで少し頭が低くなる
シッティングダウンの動きが見られるだけで、各パーツが無駄に大きく
動いていません。二人のスイング動作の全体で目につく大きな違いは頭と
上体と足腰の動きです。ウッズの方がシンプルなスイングに成っています。

アマチュアとプロとの一番大きな相違点はダウンスイングの写真ですが、
足の形、腰の位置、両肩の位置、グリップの位置と形がこのようなタメが
自然にできる形になっていなくて、打ちに行っているようになっています。
写真のようなダウンスイングの形が出来るようになったらシングルですね。

posted by Teraken at 11:32| Comment(0) | スイングの基本練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]