身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2011年01月15日

スイングを忘れないように、これが練習場所です。

ゴルフ上達の秘訣!!

こんな方法での練習方法を「ゴルフ上達の秘訣」と題しましたが、
タダたんに素振りをするよりも効果があると思っています。

Golf-1 001.JPG

ここに写っている2枚の練習用マットは171ゴルフセンターで使用済みのお古を
お願いして分けてもらった物です。たいがい練習場ではタダで譲ってくれます。

Golf-1 002.JPG Golf-1 004.JPG Golf-1 003.JPG Golf-1 005.JPG

用意するのは要らない名刺で、4つに切って折り曲げて三角形の筒状にします。
それをボールに見立てて、アプローチからフルショットまで紙を飛ばします。
ちゃんと当たれば感触のいい音がして3メートルほど飛んでゆきます。
お金が一銭も掛からなくて上達する練習方法です。お試しあれ〜!?

【効果効用】

リーディングエッジよりわずか溝一個分で正確にとらえなくてはなりません、
身体の上下動やスエー、打ち急ぎや手打ち、救い打ちでは気持ち良くいい音で
当たりません、ダウンブローに打つ必要はないのですが、基本的には紙に
当たってからその置いた場所の前をエッジが擦れる感じで振って下さい。
クラブヘッドの軌道の最下点が一定に成り安定する最良の練習方法です。
勿論、スイングフォームのチェックや確認も怠らないようにして下さいね。



posted by Teraken at 11:45| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。