身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2006年08月18日

ショートゲーム ワンピンに寄せる

アプローチのポイント!。

残り30〜50ヤードのアプローチをワンピン以内に寄せる事が
出来れば、パーやバーディーが狙えスコアもまとまりね。

距離が近いからと言ってかがみすぎない事です。スイングの
中心を大切にして手打ちにならないように、小さなショット
だからこそ、体全体の小さな回転で打ちましょう。
両方の足の裏で体重移動を感じ、スイング軸を安定させましょう。

先ずボールの放物線とランをイメージしてオートマチックに
それに対応した素振りをします。どれくらいの高さで飛んで
落ちてからどれぐらい転がるかをシュミレーションをして、
ボールが描く軌道をリプレイするイメージを浮かべ、素振りを
して、イメージに沿ったまま、スイングをする練習をしましょう。

それではまた次回をお楽しみに。ヨロシク

posted by Teraken at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | スイングの基本練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック