身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2006年09月13日

ゴルフスイングは腕で振らない

「飛ばしの極意」は捻って戻す!。

腕の力まかせでぶったたいて飛ばすのは時代遅れです。
昔のクラブでは体のシナリを生かしてとか、ベタ足で
腕を振るとかいっていましたが、道具が進化した現在
シンプルなスパイラル打法で無理なく飛ばせます。

一に、クラブの重みとしなり具合、二に、スイング軸
三に、体をネジって腰から下で戻す回転力。
たとえばこんにゃくの下を止めて上をネジって放せば
プルンと自動的に戻る、そんなイメージなのです。

腕に力を入れて振るのではなく、体が勢いよくもどる
回転力で腕に遠心力が加わりヘッドが走るのです。
まさしく女子プロのスイングがそうなのです。
ヘッドがボールを運ぶような感覚がいいのです。
タイガーウッズもセットアップの前にしきりにその
イメージの素振りを繰り返しターゲットを狙って
再現し正確なショットを放っています。

腕は振るのではなく勝手に振られるのですよ・・・。
本日のポイントお分かりいただけたでしょうか
それでは又次回をよろしく。
posted by Teraken at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | シンプルなスパイラル打法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック