身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2006年09月20日

おもわぬミスショット!

あっ!突然出るミスショット!。

自分でも信じられないミスショットが出るときがありますね
突然と言ってもスイングは一瞬ですから制御は無理です。
ミスショットは体の一部、スイングにおける各パーツの
動きが素振り通りに動けばほとんど問題ないはずです。

ではなぜ?素振りと本番では別人28号に成ってしまう
のでしょう。分かっててできないなんて悔しいですよね。
一つはゴルフコースに負けている、いわゆるOBが気になる
とか、あそこまで飛ばしたいあるいは右にスライスさせたく
ないなど色んなことが頭をよぎりメンタル面が正常で無い
ためにいつものご自分のベストなスイングができない。

プロでも同伴競技者に左右されたり影響を受けたりして
ショットが乱れることがあるのですから、我々アマは
ミスしてナンボのゴルフが当たり前でしょう。
しか〜し、おもわぬミスを少なくする方法はあります。
練習不足やラウンド不足では補えないかもしれませんが、
スイングと言う一瞬の動きで各パーツが動きすぎたり、
止まったりすることがミスショットを招く訳です。

スイングのスムースな流を体に覚えこませるには常日頃
の素振りが大切です。練習場では素振りを再現して打つ
ことに集中してください。そしてコースに出たら、不安
な状況に惑わされず、ご自分のスイングをする事です。

プロはよくミスをした後に、素振りをしてチェックを
していますね、今のはここが悪かったなという箇所を
修正して次につなげているのです。ポイントを絞って
正しい素振りを心がけ、それを再現する集中力がミス
をできるだけ少なくする方法なのです。

本日は以上です。それでは又次回をヨロシクです。
ラベル:ミスショット
posted by Teraken at 10:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミスショットのアドバイス、有難うございました。別人28号になるのが得意な私としのしては、大変参考になりました。
練習場に行けなくても、日々正しい素振りをしてれば、コースでは自分に自信を持って振れば良いってことですね。
次回のラウンドでトライしてみます。
Posted by MONTA at 2006年09月20日 15:04
MONTAさんコメントありがとうございます。
今度のラウンドではミスを半分にしましょう。
もうそろそろ紅葉の季節で絶好の
ゴルフシーズン到来ですね。(~0~)/
Posted by TERAKEN at 2006年09月20日 17:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック