身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2012年07月04日

ゴルフこつのコツ、初心者は手首の使い方を学べ!。

初心者のための講座

ゴルフでも手首の動きはハンマーを振り下ろすときと同じ要領で、

手首を剣道のお面を打つときのように、手首を曲げ(コック)振り下ろす体制をします。

そして先っぽの鉄の重さを利用していっきに振ります。

両手首はほどかれて、まっすぐに伸びます。

曲げた手首を真っ直ぐ伸ばした瞬間にボールが飛ぶタイミングを身につけよう。

その時に、シャフトもしなりばねのように働きボールを飛ばしてくれます。^^)。

ものがまわるときに、支点とか軸がありますね、ゴルフも同じです。 

軸は肩甲骨(首の付け根の後ろ)の中心あたりで、腕のつけねの肩(鎖骨を含む)が

支点で肩からヘッドの先までが円をえがく半径であり、紐(ひも)です。

それをしっかり早くまわす。身体の回転のエンジンが腰の切れです。

その腰の動きをちゃんとさせるのが、フットワーク(足)です。^^)))。。。


posted by Teraken at 05:42| Comment(0) | ゴルフが早く上達する講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。