身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2012年07月29日

左利きの人がうちわを使ってスイングのイメージづくり(^0^)/。

前ページを画像で補足!

画像は左から順に、アドレス→トップ→フォローになってます。

うちわでの横振りから、フェイス面も正確になるイメージをつかみましょう。

● クラブのソールを地面と水平(こするよう)に動かしているイメージの画像です。

teru-g 009.JPG teru-g 010.JPG teru-g 011.JPG

● 手首をこねたりしないで、面を保ったままでうちわを動かしている画像です。

teru-g 001.JPG teru-g 002.JPG teru-g 003.JPG

● 体の動きとシンクロさせ、持った手首をキープし、下にあるサッカーボールを

 飛ばしているイメージの画像です。

teru-g 006.JPG teru-g 007.JPG teru-g 008.JPG

ゴルフスイングのイメージには大きく分けると、クラブを垂直に垂らして、

グリップエンドをつまんで、振り子のように動か往復運動から、前傾姿勢の

スイングへと移行する考え方と、

水平な横振りの往復運動から、フェイスの面をスクエアにし、前傾姿勢の分、

シャフトも腕も斜めになり、ゴルフスイングへと移行する考え方の二つがあります。

今回は、ゴルフスイングを簡単なイメージで振りやすく方向性も良くなる。

地面と水平な横振りの動きで、うちわの大きな面を地面と直角に構えて、

水平に振るイメージで、上下動さえしなければ、躊躇なくフルスイングが出来て、

飛んで方向性の良いボールが打てるのです。

上から点でとらえるのではなく、ヘッドが通過すればボールに当たりますから、

思いっきりパワーを発揮して振ることができるのです。

簡単でミスの少ないスイングのヒントをこの画像から、自分のモノにして下さい(^^)/。




posted by Teraken at 18:01| Comment(0) | ゴルフが早く上達する講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。