身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2012年08月08日

そんなアホなと思われそうですが究極の極意です^^)。

ゴルフスイングの簡単な極意!

これは、究極の極意です。これを理解すればスイングは簡単です。

みなさん、練習場ではどんなことを課題にしてスイング作りに取り

組んでいますか?、練習する時のワンポイントを考えていますか?。

前置きが長くなりましたが、素振りでスイングチェックをして、

その動きを再現することに集中します。これはプロも同じです。

ゴルファーのみなさんは普通、クラブをどう振るかを考えますが、

クラブを振ろうとせずに、クラブに振られていると思えが究極の極意です。


クラブに振られているんだと思って、素振りと同じ動きをします。

クラブの重み、シャフトのシナリ、振り子の原理と同じ物理現象で

ボールを飛ばすヘッドなど、クラブの全機能に任せて、スイングを

すれば自然と理にかなった綺麗なフォームに成って来るのです。

ジュニアゴルファーが振っている姿をよ〜く観察していると解ります。

以上、Teraken のゴルフが早く上達する極意でした^^)。


スイングのお手本となる動画です。グリップエンドの動きを頭に入れて下さい。

ダウンスイングのインパクト直前、シャフトが地面と水平で飛球線と重なり(平行)

グリップエンドがターゲット方向に真っ直ぐで、コックはまだ、解かれていない

一瞬の動きですが、この形が出来ているかどうかがプロとアマの差なのです^^)。





posted by Teraken at 20:24| Comment(0) | ゴルフが早く上達する講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。