身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2012年08月22日

素振りでゴルフが上手くなる極意。素振りの重要なポイント!。

正しい軌道を体得するための素振り!。

素振りの時に、グリップエンドを3cmほどあまして握って振ります。

ダウンスイングの途中で、形としては、地面と水平で目標ラインと平行の

@位置にシャフトが来た時にグリップエンドは、目標に向きます。

右ひじの内側が、わきばらにひっつくようになっていてヒジはまだ

曲がっています。(右ひじはちじんでいるというかのびてません)

そこからが一番速い動きになり、一瞬にして、3cmあましたグリップが

目標の逆の右に向きます。両腕がのびて、(ヘッドの勢いに引っ張られて)

フォローの(ヘッドを振りぬいた)形になります。

グリップエンドが、ダウンで目標に向いてから、入れ替わって右に向く、

ヘッドは飛球方向に振られ、シャフトは地面と水平、目標ラインと平行の

A位置までをゆっくりでいいですからシャフトとグリップエンドの向きを

確認できる早さで動かしてみましょう。

@からAまでを約グリップエンド同士の位置が30〜40cmの間隔で

グリップエンドの向きを左から右へと替える練習が大切なのです。

当然ですが、ヘッドは半円を描いています。

@からAができたら、グリップエンドの向きをすばやく替える練習です。

フルスイングの時には、@からAのイメージを忘れずに、そのとおりに

振りぬいて下さい。@からAのグリップの動き、地味な練習ですが重要です。


posted by Teraken at 20:16| Comment(0) | ゴルフが早く上達する講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。