身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2012年08月26日

どうしてボールが飛ばないのか、その原因と解説!。

飛ばない原因のワンポイント(^o^)/。

下の画像は、トップからダウンへ、少し下がり出した写真です。

シャフトは肩からこんなに離れないでヘッドが頭に近い位置で、

グリップエンドが下に向いていないのが理想です。

この写真は、上体で打ちに行っているため、手首がほどけているのです。

トップでクラブを支えた手首の角度はシャフトが水平になる位置まで

キープして、いっきにインパクトへと手首をリリースするのです。

インパクト直前まで、頑張ってコックを保とうとするのではなくて、

いーちにぃ、いーちにぃと振るタイミングをリズムで覚えるのです。

畑を耕すときの手首と同じように、ゴルフも道具を振るわけですから、

手首の曲げ伸ばし運動が不可欠ですが、曲げて伸ばすタイミングを

よく考えながら練習して下さい。

ここまでは伸ばすのを止めといて、ここで伸ばすというのでは、

ヘッドは速く走りません、リズムやテンポで手首をリリースする

伸ばして振るタイミングを身に付けましょう。

だいたいの目安としては、右太ももの前にグリップが来たら振ります。


          naru-p3.jpg


顔が左へ動かない振り方をするには。どこをどうすればいいのか?

鏡を見て腕組をして、足を使い左腰から下をしっかりさせて、ヘソを

目標に突き出すように向けて下さい。

左足カカトからお尻の付け根の裏までギューンと緊張して、壁が出来て

背筋もピーンと緊張しているはずです。

それには、アドレスが大切なのです。アドレスの時に、お尻の付け根が張り、

背筋が弓なりに緊張し、肩や腕には力が入らない構え方が重要なのです。


下の画像は多治見市にあるレストラン、「レモンハート」のマスターです^^。

目線と顔の位置が変わらずに、左脇が締まったまま左腕がしっかり伸びて、

左サイドの足腰でしっかりとした強い壁(支え)を作ってスイングをしています。

ですから、パワフルに振ることが出来ているのです。参考にして下さい。

          tuyoshi-1.jpg







posted by てらけん at 15:13| Comment(0) | ボールを飛ばすコツ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。