身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2013年05月29日

ボールが飛ばない人に多く見受けられる欠点

左腕全体の大切な役割

インパクトからヒットする時に左腕が曲がりヒジは引けている。
それが普通に飛ばない原因で最も多く見受けられます。

トップからの切り返しでグリップが腰ぐらいの高さに降りてきたときに
クラブはやや斜めにはなっていますがまだ立っています。
グリップエンドが地面をさしている感覚です。
そこから一気にヘッドを走らせます。
と言うことはグリップしているコックを解き放つわけです。
リリースとも言いますし、ヒッティングポイントなのです。
さてここからがベリーインポータントです。
インパクトへ一気にヘッドは向かってボールを弾き飛ばしますが、
その時の、左腕の手首、ヒジ、脇、全体の役割がどうあるべきか、
まず、手首が折れないでシャフトが先に飛球線方向に向くこと、
次に左腕がたわんだりしないように、ひじを曲げたり背中(脇腹)の
方に引かないように、しっかりと脇に、胸に密着していなければ
なりません、ヘッドを早く走らせるには、左が逃げていてはダメなのです。
そのことを頭に入れて、プロの左腕の使い方を理解して下さい。

posted by Teraken at 20:02| Comment(0) | ボールを飛ばすコツ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。