身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2013年07月27日

本日はパットに関してのお話です(^o^)/。

チーム岡本の服部真夕、表純子、青山加織、森田理香子、若林舞衣子、門下生が
活躍していますね、日本女子プロ界が盛り上がってきました^^)。
その岡本綾子師匠のパッティング理論を紹介したいと思います。

ゴルフボールを打つにしても、ショットは空中に飛ばし、パッティングは芝生の
上を転がします。ですから、ショットとパットは別のゲームで、ボールを
コントロールする方法は違って当然なのです。
大きくストロークしようと思えば、ヘッドの軌道は大きく弧を描きますので、
スイングに近い振り子の動きになることは仕方がありません。
ショートパットもロングパットも「ストレート・トゥ・ストレート」に、ボールを
中心として、手前10センチから先の10センチ程は、一直線にパターヘッドが平行
移動するように心がけ、目標に向かって真っ直ぐにボールを転がす事が大切です。

ゴルファーによってストロークの方法は様々あっても、要は、インパクトで
フェース面が変わってしまわないように打てればいいのです。
コトバや理論に振り回されず、自分のフィーリングの方を大切にしてほしいと、
いったような教えでございます。

posted by Teraken at 16:58| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。