身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2014年01月13日

理屈で解っていても、出来ないのがゴルフだが…!?。

「グリップとヘッドの円の違い」

ヘッドとグリップが同じスピードではボールは遠くへ飛びません。

フルショットの場合、トップからフィニッシュまで、グリップは

360度近くしか回りませんが、クラブヘッドは360度以上、

プラス180度ぐらい回っているのです。

ちなみに、オーバースイングの横峰さくらちゃんは二周しています^^)。

ということは、グリップを持った手の円はヘッドがトップからフィニッシュ

まで回る円の半分だということをよく理解して、素振りをしてみてください。

グリップを持った手の動く範囲よりも、ヘッドの円の動きは倍なのです。

ですからボールは飛ぶのです。この当たり前の物理現象を理解して下さい。

ショートアプローチからフルショットまで、基本的に手の振り巾の二倍が

ヘッドの動きで、ヘッドのスピードも二倍以上になります。

ヘッドの動きが大きく早くなるようにリスト(手首)を柔軟に使いましょう。






posted by Teraken at 10:49| Comment(0) | ゴルフが早く上達する講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。