身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2019年01月14日

簡単だができていないアドレス!。


 スイングする前の構え方!。

 アドレスが正しくないと、安定した球筋でボールを飛ばせません。

 シンプルなスイングにするためにも構えが重要なのです!。

 
 CIMG0684のコピー.jpg CIMG0685のコピー.jpg

 左は尻が落ちた悪い例です。 右は背筋がまっすぐで尻がかかとの後ろにある良い例です。


 バックスイングで多い勘違い!。

 バックスイングのクラブの上げ方?。ヘッドをどこに持っていくか?。


 まず、7番アイアンでボールを見る頭の位置と目線と両足の体重配分!。

CIMG0689のコピー.jpg CIMG0690のコピー.jpg

 左は気がつかずに、ボールに対して上体が、飛球線の方向に傾き覗き込むようになっている悪い例。

 右は自然に立って、やや右側にほんの少し背筋が傾き、微妙に右側から見ている良い例です。

CIMG0686のコピー.jpg CIMG0687のコピー.jpg

左は頭を残してボールを見なさいを真に受けてクラブを縦に上げようとしている悪い例です。

右は腰から下をしっかりさせて上体を捻転させクラブを斜め横にあげるシンプルで良い例です。

 
 バックスイングの始動は手でだけで上げない!。

 手だけで上げると、クラヘッドはいろんな動きをしてしまいます。

 その結果、複雑怪奇なスイングをして飛ばそうとしてしまいます。

 CIMG0692のコピー.jpg CIMG0693のコピー.jpg

 手だけで上げた結果、フラット過ぎたり、アップライト過ぎたりしている悪い例です。


 大きな筋肉と腕とが構えたまま一緒に動く!。

 写真の位置まで、円の4分の一、目安として、グリップが腰の高さに来るまで、

 胸、背中が90度ぐらい右に動くまでは構えたまま全体で動かすことです。


CIMG0697のコピー.jpg CIMG0691のコピー.jpg

 この画像の形まではカラダを右にひねってヘッドを動かします。

 そのあと、手をどこに上げるかは考えなくても収まります。


 腰を戻せばボールが飛んでいく!。

 ゴルフは横振りだというと語弊がありますが、斜め横振りなのです。

 決して縦振りではなく、ヘッドを上に上げようとするのは間違いです。

 飛ばそうとしてボールに当てに行かないで、ひねるという正しい円運動を

 腰で戻すだけで、大きなパワーの遠心力がヘッドを走らせてくれます。


 CIMG0694のコピー.jpg CIMG0696のコピー.jpg

 頭も少し右に動いても問題はありません、背中が右にスエーしなければいいのです。

 前傾を保ち、ふところのあるトップから、腰で下ろすだけで飛ぶようになります。






 
 




 




posted by てらけん at 15:15| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。