身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2019年03月12日

てらけんのシンプルゴルフ!。


 「ヒンジという手首の動き」

  リストワークは基本中の基本です!。


 このAの角度の手首(ヒンジ)が、うちわを横に振る時の手首です。

これをトップでキープし、ダウンでもほどかないで下ろします。

インパクトゾーンに来たら手首の力を抜いてほどきます。

手首だけで小さく振って飛ばす練習をしましょう。でした。

この画像がゴルフスイングに不可欠なヒンジという手首の動く方向です。

53121523_2093383617411957_7917709602437726208_n.jpg


 このように トップオブスイングではAの赤線の通りに

右手首は折れてヒンジの形をキープしていなければなりません、

出前持とかお盆を乗せたような形とはこのことです。

53800871_2093383420745310_5519740253394436096_n.jpg


 ダウンスイングの途中でもその形はキープしています。

レートヒッティングの形でヒンジが伸びることはありません。

53345293_2093383444078641_4271986927453863936_n.jpg


 ここからインパクトゾーンですがタメを作っています。

ここからいっきにうちわ振りになります。

手首がほどけた瞬間にヘッドが走るパワーになります。

53343538_2093383407411978_4018724195046260736_n.jpg

 このように○印の左手の甲と手首は伸びて右手首は折れて受けてます。

これをしっかり上げて止めて確認をしましょう!。

右肩がじゅうぶん真後ろにまわらいと振り下ろせないので、

手をあげようとして右脇を上げたり、左腕を真上に上げようとします。

53833638_2093401607410158_3829364876581535744_n.jpg


 手を高く上げようとするよりも体に巻きつくように、

フラットな軌道で両肩を深く動かしましょう。

トップではAのように右手首はヒンジの形で受け止めています。

左手は甲も手首もまっすぐです。

ここを絶対に正しくしないとヘッドスピードが出ません、

ここでヒンジをキープして、右腕は垂直に近い形になっています。

右肘はCの方向にさしている感じになります!。

54353976_2093401590743493_3459857492803059712_n.jpg




posted by てらけん at 16:13| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。