身体の回転と腕の振りをシンクロさせる!、理に適ったパワフルなスイングとは?
カテゴリーの中から要点を理解し練習に活かし、上達することを願っています。

2018年06月19日

誰も教えない?、ゴルフ上達のコツのコツ!!!^^)


 『スコアアップにもつながる秘訣』

 ゴルフスイングの正確性を高める秘訣中の秘訣です。

 フルスイングでもこのイメージを持つことが大切ですが、

 ショートアプローチの際には是非ともこの解説を参考にして

 ショットをしてください、上手く行く安定度が増します!。

 CIMG3136.JPG

 (使用クラブAW) ショートアプローチの場合です。


 画像の位置にヘッドが抜けて行くことをイメージして打ちます。

 もちろんインサイド過ぎずアウトサイズ過ぎず正しいフォローです。


 CIMG3138.JPG

 (使用クラブ7I)ヘッドが下りて当たるダウンの軌道を考えがちですが、

 ダウンスイングでボールに当てに行く軌道ばかりにとらわれないで、

 振り抜いた瞬間のヘッドの位置をイメージして振り抜きましょう!。

 CIMG3139.JPG

 ひとつ上の画像の位置でも、この画像の位置でかまいません、

 この位置にヘッドを振り抜くんだというイメージを持ちましょう。 


 CIMG3140.JPG

 練習するときの課題に、両腕が物理的なヘッドの遠心力によって、

 画像のようにフォーローのイメージが両腕が引っ張られて伸びて、

 左肘がひけたり曲がったりせずに、打った瞬間に三角形ができる。

 スイング中に、このイメージを持って練習をしましょう!。

 CIMG3141.JPG

 上手く振り抜けるようになると、この画像のようになります!。

 肩・腕・グリーップ、この形の違いがプロとアマとの差です!。



 
 
posted by Teraken at 09:11| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

ゴルフスイングと手首(リストワーク)の重要性!!!。

 「手首を上手に生かすだけでボールは飛ぶ」


 プロのスイングをスローで見ても細かい手首の使い方は解明できませんね!。ゴルフ用語でコックとアンコックがあります。
スイング中に手首を曲げて伸ばす動きを言っています。いまさらそんなことは言わなくても知っていると思うでしょうが、果たして解っているのでしょうか???。正しいリストワークとは?、手首のどういう動きなのか?。

 手首の動きを例えるならば、金づちで釘を打つとき、杵で餅をつくなどの縦の動き。うちわを左右に動かす、真横からお布団を叩くなどの横の動き、居合道で袈裟懸けに畳表を巻いたものを切り落とす斜めの動き…などがあります。
手首の縦、横、斜め動きが一連のスイングの中で複合的に活用されているのです。このようなことを考えるまでもなく、自然に正しく出来ている人もいますが、リストワークをまったく理解せずに、ただこねくり回している人が多いのです。杓を持って水をすくうような動きになっていませんか?…。

 ハンマーで大きな杭を打つ動きを想像してみて下さい!。真下に打ち込む場合、真横に打ち込む場合、釘を斜めに打ち込む場合、縦・横・斜めの動きですが、誰もいちいち手首の動きを考えなくても自然と理にかなった手首の動きで打ち込むことでしょう。
ところが、ゴルフスイングの下半身リードのニーアクション、体幹を回すボディーターン、腰や肩や腕の動きのワンセットの中で、手首をどう動かすか?、縦でも横でも斜めでもない、複合された動きのリストワークをもう一度!。考えてみましょう!^^)。








posted by Teraken at 09:44| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

何年経っても上達しない人、ボギーペースで回れない人!。

 
 正しい基本を教えても言われたことを練習しないで、

 自分勝手な考えで自我流でやってしまう。

 基本は基礎だから、正しい基礎を習得しないと、

 その上に積み重ねられたスイングも当然ながら

 ぐちゃぐちゃで正しいスイングにはなりません。

  @・正しいグリップ、特に左手のにぎり方。

  A・正しいアドレス、膝、腰、背筋、両腕の構え。

  B・正しいハーフショット、3時から9時まで。

  C・正しいトップオブスイング、振る準備。

  D・正しいコック&リリース&ターン。

 以上のことをちゃんとやろうとしないのです。

 教わったことをそのまましようとしないのです。

 自我流の解釈でゴルフを難しくしてしまうのです。

 自分のスイングを知ろうとしないのです。 

 地味ですけど原点(基礎)に返って練習しましょう。

 以上




 
posted by Teraken at 21:34| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

ゴルフを上達しない人の検証と考察!^^)。


 「レッスン経験から感じた事」

 レッスンを受けて上手くなる人、上手くならない人、何らかで教室を変え教える相手が変わっても、なかなか上達しない人、何年も何ラウンドをしても平均スコアが100台前後という人、アマチュアで月一か月二の人がボギーペースの90で回れれば十分上手いと思っています。
70台で回るシングルの人やパープレイするといった片手シングルの人は、練習もラウンドも非常に恵まれています。時間とお金に余裕がある人です。
オープン競技やプロとアマチュアゴルファーが共にゴルフを楽しむイベントとか、スポンサー開催のオープンコンペでアマチュア三人とプロ一人が同じ組で競技をしているのを観ますが、参加しているプロはそれぞれ特徴のあるスイングなのですが、さすがにプロだと思わせるスイングをしております。
アマチュアのスイングを観ていると、上手な人でも歴然とプロとは違う違和感が見てとれて、どこかアマチュアらしいと思ってしまいます。その違って見える最大の要因はインパクトのイメージですが、ダウンスイングで手元インの軌道とヘッドアウトの軌道ができないスイングになっているからです。この違いはこちらをご覧ください!。

posted by Teraken at 16:19| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

パンチショットを練習に取り入れましょう!。


 『パンチショットの練習』


 練習場でパンチショットを打っている人を見かけたことがありません、

 ぼくは。生徒にさせていました。シングル間近な人はできますが、

 そう簡単にはできないのがパンチショットです。(40代後半のてらけん)





 足腰、ビッグマッスル、体幹をしっかり使って飛ばします。

 腕力だけで飛ばしてる人は。止めることができません、、、。

 体をひねって上げて、ひねった体を戻す勢いで振り切って止める。




 


posted by Teraken at 10:59| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

基本中の基本の動画です。理解して練習しましょう!^^)。


 「基本練習で正しい動きを身に付けましょう」

 最近言われている「ビジネスゾーン」3時から9時までの往復運動で

 ボールにスクエアに当たる。正しいクラブの動きを身に付けましょう。

 ボールをとらえるヘッドの面の正しい動きを見極めてください!。

 手の甲に貼ったビニールテープでリストターンが解り安いです!。



 重要なのは頭の横揺れ上下動ヘッドアップしないように注意!。

 左腕の肘がひけたり曲がったりしないで脇は自然に締まります!。

 右型が突っ込んだり、上体が飛ばしたい方向に早く向かないよう!。



posted by Teraken at 11:32| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

連続素振りで振るコツを掴め!!!。


「連続素振りで腕の力を抜くことを覚えましょう」

 フィニッシュで止めないで、そのままバックスイングに持って行く、連続素振りで腕の力に頼らずヘッドに遠心力がついてヘッドスピードが上がることを体感しましょう!。





 素振りの仕方です。フィニッシュから止めずに連続してお尻の動きや足の動き両肩の動きに意識を持って、徐々にフルスイングに持って行きましょう。腕の力が抜けて腕力だけでは振らなくなります。







posted by Teraken at 10:13| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

理想のインパクトは胸の正面でとらえよ!!!\(^o^)/。

本当なのか?、インパクトはアドレスの再現!。

2014y09m30d_090741426.jpg 18175249_1323935227690137_1951899340_o.jpg

 左の写真は動画を一時停止して撮ったインパクトの瞬間です。インパクトはアドレスの再現!、胸の正面でボールをとらえるフルスイングの途中の形が出来ていますね!、下半身リードですから、とうぜん、腰、膝、足はグイッとパワー移動をしています。右膝を押し込み腰を切って左の足の裏(土踏まず)で受け止めてしっかりカベを作ります。
 
 肩を回して腕を振るスイングもありますが、プロはトップから肩がアドレスにもどった瞬間の移動で腰も切れて、クラブを持っている手(グリップ)は飛球線方向に振りぬけていなければいけません、右肩を残してインパクトをするという理論になります。これを理解してできるようになれば、右肩の位置とグリップの位置がいちばん遠く離れて両腕が引っ張られている形ができて、フォローの大きい良いスイングになります^^)。

 右の写真はフォロースルーで両腕の三角形が右肩が良い位置でより遠くへ引っ張られている理想の形です。
上体に力が入って腕力で飛ばそうとする人は。左肩が早く開き(早めに後ろに回る)右肩はボールの位置まで来ている(かぶってしまい)左ひじを曲げて引くようにして振っています。それだと真っ直ぐ飛ばせるようになっても、本来のゴルフボールが飛んで行く伸びのいい球筋にはなりません。

 右肩を写真位置に止めといてなんて考えていたんでは。勢いよくヘッドを走らせることはできません、トップから切り返して、ねじったおなかを下半身のパワーでもどした瞬間に振れているその結果を再生してみるとインパクトで肩はボールの後ろにあって、前に出たりかぶったりしていないということなんです。右肩を写真の位置に残そうとして打っているプロはいません、、。

 インパクトした瞬間のフォローですが、右肩はボールの後ろ右足寄りの上に残っていて、両腕の三角形が伸びています。これは、上体の背中や二の腕に力を入れずに、ブランブラーンとした腕で鉄棒に指をひっかけてぶら下がった時に、体の重さに任せて伸びている腕と同じで筋肉はひっぱられています。
力を入れないとはこういうことかと!、これがわかれば楽に飛ばせるようになります。両腕の三角形はわざと伸ばしたり、突っぱったりしているのではありません、ヘッドの遠心力と引き合っているのです。!!!^^)。

 アドレスをした時に、ボールの右側で飛ばすイメージですか、左側のフォロースルーで飛ばそうと考えますか、ようするにグリップエンドをどう動かしているかということです。答えは、ボールの手前、右側で飛ばそうとして結果的にヘッドスピードはインパクトに向かって最大になりフォーローで走る感じになります。ヒッティングポイントはボールの上である。グリップエンドは左に向いて(飛球線方向)右に向く(飛球線の逆)動きを早くする。これが飛ばす秘訣です。



posted by Teraken at 16:28| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

スイングは大きな筋肉に正しい動きを覚え込ます!(^-^)/。

「古希のスイング」

 50歳から70歳の20年間に練習場で打った球数は200発にも満たないだろう。どうしているかというと、三日に二日ぐらいの割合で5分ほどの素振りを続けている。スイングのチェックをして、ビュンビュンとヘッドが振れていたらそれで止める。
 ぼくはカラダが硬くてバックスイングでは顔を右に動かさないと深い捻転ができません、ジャック・ニクラスのチンバックと同じで、アドレスした時の背骨の傾きをキープして、体幹に捻転パワーを作るためにバックスイングで回転すると顔が右に動くのは自然なのです。そこで、大事なのは、力が入って上体が突っ込まないように頭を残して振ることです^^)。








posted by Teraken at 10:57| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

スイング軌道をインサイドアウトにするには、、、^^)。


『ドライバーの場合のイラストです』

青いラインは飛球線です。足は肩幅が入るぐらいで、オーソドックスに飛球線と
並行にしました。頭の位置はとうぜんボールの後ろ右側で、後ろに書いた白い
線程度に傾いても構いません、頭が動いて赤の×印の位置に動いたらダメです。
それで、赤い線がドライバーヘッドが通るインサイドの軌道です。
ここで、大事なのは目線はヘッドが通り過ぎるまで、赤いラインに合わせて少し
斜めのままにしてヘッドが通るのを見て頭も目線も動かさないで打ち抜きます。

ゴルフイラスト.jpg

赤いラインに沿ってヘッドが通るといやでも外の方へ振る感じになりますので、
そのままでは、右に飛ぶような気がしますので、クラブをかぶせて(返して)
つかまえようとします。頭がボールの後ろに残った上体で振りますから、
両腕の三角形もできて、左腕もピンとなります。ボールの音がしたら顔は動いて
も構いません、むしろ球を追って動いたほうが腰や筋肉を傷めなくていいです。




posted by Teraken at 18:00| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

この形が出来ていたら、あなたはゴルフの達人です。


「この飛ばした瞬間を真似ろ」

飛ばした瞬間のプロの両腕の位置とグリップを握っている両手、
お尻、太もも、足の形、ハンマー投げのような背中の形、
両腕が遠心力で伸びていますね、伸ばしているのではありません、
ヘッドを降った結果がこの飛ばすためのスイングの形です。

写真に写っているヘッドは、ほとんど90°近くまでヘッドが
ローリングターンによって、返って(閉じて)いますね、、、(^_^)。
ボールをまっすぐ飛ばそうとして、ヘッドの面を返さないまま振る
のは間違いであることがおわかりになると思います!!!(´∀`)。
ボールをつかまえに行くヘッドの動きとはどういうことか、、、(^-^)/。

impact2 (2).jpg

impact2.jpg

impact3.jpg

impact4.jpg

impact6.jpg

impact7 (2).jpg

最後の写真はアイアンショットなので、ボールの位置が近い分、
振り抜いた両腕、グリップの位置も体に近いのは当然です。

impact1.jpg




posted by Teraken at 11:53| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

ラケットの面とクラブの面と同じです。

グリップしている手の動きを参考にして下さい。

これがヘッドを返す。ローリングターンです。

シャフトの上がる角度(スイングブレーン)とフェース面の角度は同じ、

CIMG0933.JPG

インパクトでは、とうぜん、スクエアに戻します。

CIMG0934.JPG

フォロースルーのグリップの位置と返された面の角度、右手が左手を追い越している。

ここが重要でラケットの位置とグリップエンドの向いている方向とフェース面の角度、

実際には腰がもう少し切れて、下半身リードの動きでお尻がもっと見えています。

CIMG0935.JPG

左腕は脇をしめるようにして伸びてクラブの回転を支える軸となっています。

CIMG0936.JPG

肘が逃げることなく曲がることなく伸びたまま腕はローリングしています。

CIMG0940.JPG

フェースは完ぺきに返り、両腕が交差するようにフィニッシュへ、、

CIMG0939.JPG

ヘッドアップをしてクラブが下りてすくい打ちになっています。

CIMG0944.JPG

手だけで上から叩こうとして、両腕がつまっています。

CIMG0943.JPG

フェースを返さずにまっすぐ飛ばそうとして、肘が曲がって浮いています。

CIMG0942.JPG

右手の返しが強すぎて、早すぎて、ボールは左に飛んでしまいます。

CIMG0941.JPG

上体が突っ込んで打ちに行ったために、肘が逃げてはらい打ちになっています。

CIMG0938.JPG

アプローチで返さない打ち方、打った時に右手が下になったままです。

CIMG0937.JPG












posted by Teraken at 17:05| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

なぜ?飛ばないのか???


飛ばないのはもうイヤ!!!(´∀`)

スライスボールや飛ばないこすり球をなくそう、、、
短いクラブは打てるが、長いクラブでは飛ばせない、、
以上のような原因は、スイングブレーンとヘッドの
ローリングターン(返し)がうまく出来ていないからです。

・ヘッドを返してボールをつかまえろ、、、
・ひだり肘を曲げたり、引いたり逃がしたりするな、

フェース面を真っ直ぐ当てて飛ばそうと考えているうちは
ゴルフ本来の球筋で遠くへ飛ばすことができません(ーー;)。
できない原因の多くはヘッドを返して真っ直ぐに飛ぶのだろうか
という不安から、ヘッドを返さずに、ひだり肘を逃がしています。

tera1.jpg 

tera2.jpg

tera3.jpg

tera4.jpg

この画像のようなヘッド軌道にはならず、アウトサイドから打ち下ろして、
インサイドに引き込む軌道では返せば返すほど左に引っかかった低い球筋の
どフックになります。それがいやでフェースの面をパターヘッドのように
返さずに真っ直ぐに飛ばそうとして悪循環になります。
インサイドアウトに振る軌道をイメージして、そのスイングブレーンが出来てないと
ローリンターンはいつまでたっても出来ません、返せば左に飛ぶだけです。
レートヒットのインサイドアウトをしっかり頭に入れて練習しましょう。





posted by Teraken at 10:06| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

ゴルフクラブの選び方、シャフトのキックポイントを知ろう!。

シャフトのキックポイントとは、先調子、中調子、元調子などのことです。

シャフトのどの 部分が最もしなり易いかを示します。先調子は先端側、

中調子は中央付近、元調子は 手元側がしなり易いということになります。

どのようなシャフトが向いているかは、ヘッド・スピードとスイングの

ヒッターかスインガーか、 タイプによって決まると言える。

ヘッド・スピードが早く力のあるヒッターは 硬くて、重くて、トルクの

低いものが適しているし、ヘッド・スピードが早くても、スインガーと

言われるタイプのプレーヤーは あまり硬くなく、トルクも中程度の

シャフトが一般的に合っていると考えられている。

ヘッド・スピードの遅い人は、軟らかくて軽め のシャフトが良いでしょう。

ボールをより高弾道で打ちたい人は、ロー・キックポイントで先調子の

クラブが合うと言えます。



posted by Teraken at 09:07| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

ゴルフスイングにはエンジンが必要である。

考えてみてください…!?


あなたのゴルフのスイングの安定と飛ばすためのエンジンとは?

どこの筋力を使ってますか?

足、すなわち、フットワークですか? 

腰の回転ですか?

カラダのねじれ、すなわち、ボデーターンですか?

それとも、ヒップターンですか? 

肩の回転ですか?

腕に力を入れて、思いっきり振ることですか?

いつでも同じスイングで安定して飛ばす。チェックポイントがありますか?



小柄で非力な女子プロがどうして早く腕が振れているのか?

ブランブラン、ビュンビュン振れてる腕とは?

肩や腕に力みがなく、力まかせに振ってない腕とは?

クラブに振られているようなスイングとは?

ヘッドが効いた。クラブの機能を活かしたスイングとは?

トップで腕がガチガチになり力が入っていたのでは、

女子プロのような綺麗なスイングで飛ばせません、(^o^)/。







posted by Teraken at 17:45| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

ゴルフを楽しく、考え方と思いようでスコアアップ^^)。

「100切りマネージメントの基本」

そうですね、たとえば、330ヤードのP4のホールの場合。

ドライバーがあまり飛ばなかった。へんなとこへ行っちゃった。

180ヤード飛ばなかったので、セカンドで届かないから、ここで、

打ちやすいライなら4番ウッドでグリーン近くまで距離を稼ぐ、

まてよ、ここは無理せず、7番で素振りどおりに振って、飛距離を

100ヤード以上飛ばして、ピッチングでスリーオンさせよう。

それでもしも、どれかのショットをミスしていて、アプローチを

ぽっこんと打って、そこそこホールに寄せたとします、そこから、

運よくワンパットで決まれば、ナイスボギーですし、2パットで、

ダブルボギーですから、ボギー狙いであせらずにせめることです。

思ったように行くわけがないのが、ゴルフですが、ちゃんと考えて

思ったように攻略するのがゴルフです。

考えない人はその場その場の一打にミスしないかと不安で心配ばかり、

一喜一憂してスコアがバラバラになります。

考えることや時間が多いのがゴルフですから、攻め方を常に考えましょう。





posted by Teraken at 07:55| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

本日はパットに関してのお話です(^o^)/。

チーム岡本の服部真夕、表純子、青山加織、森田理香子、若林舞衣子、門下生が
活躍していますね、日本女子プロ界が盛り上がってきました^^)。
その岡本綾子師匠のパッティング理論を紹介したいと思います。

ゴルフボールを打つにしても、ショットは空中に飛ばし、パッティングは芝生の
上を転がします。ですから、ショットとパットは別のゲームで、ボールを
コントロールする方法は違って当然なのです。
大きくストロークしようと思えば、ヘッドの軌道は大きく弧を描きますので、
スイングに近い振り子の動きになることは仕方がありません。
ショートパットもロングパットも「ストレート・トゥ・ストレート」に、ボールを
中心として、手前10センチから先の10センチ程は、一直線にパターヘッドが平行
移動するように心がけ、目標に向かって真っ直ぐにボールを転がす事が大切です。

ゴルファーによってストロークの方法は様々あっても、要は、インパクトで
フェース面が変わってしまわないように打てればいいのです。
コトバや理論に振り回されず、自分のフィーリングの方を大切にしてほしいと、
いったような教えでございます。

posted by Teraken at 16:58| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

しぐさも素振りも正しい動きを見に付けることから。

素振りと同じ感覚で振る

実践で素振りのまま振るということが、いかに難しいか、

正しいしぐさから、ベストな素振りを身に付ける練習、

そして、ボールがあっても素振りの再現を出来るようにする。

そして、素振りと練習場のスイングと、ラウンド時のスイングが

同じになるように、脳から指令を出す。その練習の繰り返しです。

ラウンドで練習場の再現が出来ればたいしたものです。

自分がどういうふうに振っているのか?自分自身のスイングが

判らない、見えていない人は上達は望めません・・・、^^)。

posted by Teraken at 19:28| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

練習場で100球より200球、300球と数打つばかりではダメです。

プロの練習とは違うんです。

スイングが出来上がっているプロと上達を目指しているへぼゴルファーとは

練習の主旨も取り組み方も違うんです。数を打てばいいってもんじゃないんです。

打ち放題だから、打たなきゃ損とばかりに、ボールを打っている人を見て来ました。

そんな人を見るたびに、練習場へ、ヘタを固めに来ているのかと思ってしまう。

上手くなりたいから練習しているのは痛いほど分かるのですが、ご自分のスイング

で、どこが悪いのか?、どこをどうすれば、良くなるのか?、何を直せばいいのか?、

バッドムーブメントはどこなのか?、などをチェックすることをしないのです。

ミスショットが出たときの根本原因を見極めるとか、即座に察する事は難しいですが、

何が悪いのか、動きのどこが悪いのか、それが分かるような、チェック出来るような、

練習方法をしてほしいのです。ただ振り回して、ボールを飛ばすだけの練習は止めて、

正しいスイングを身につける為の練習の仕方を取り入れて、球数よりも、チェックする

素振りやしぐさを繰り返して行い、スイングの各パーツの動きや形のチェックをしてから

打つようにしましょう。一球でも無駄に球を打つだけで、上達が遅れるのです。

正しいスイングを身に付ける為の課題を持って、練習する事が重要なのです。


Golfeye1.jpg  Golfeye2.jpg


posted by Teraken at 20:09| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

ゴルフの上達に素振りをすることが大切です^^)。

皆さんは、毎日素振りを続けていますか?

ゴルフの上達には素振りは欠かせません、素振りで正しいゴルフスイングの練習と

筋力トレーニングを兼ねた。スイングのパワーアップをはかりましょう。

素振り用の道具や器具も多種多様です。

どのような商品が良いのかは説明いたしません、商品説明と使い方や

練習方法の解説をよく読んでから、お買い求め下さい。

いつでもどこでも、特に室内で、思いついた時にすぐに手にして、

振れる練習器具ががおすすめです。


golf.eye.jpg




posted by Teraken at 10:30| Comment(0) | ゴルフ上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする